忙しい素振りを見せる人にも、仕事は来ない

「ビジネスマンの生き抜く技術⑫」

 

私は、仕事が来る人の条件は、今まで見てきたように、「あれどうなった?」と言われない人、「まだやっているのか?」と言われない人、「どこに行っているんだ?」と言われない人の3条件だと考えている。
この3条件さえ充たせば、仕事は来ると考えている。
しかし、補足するならば、+アルファというものも存在する。
その一つが、「忙しい素振りを見せると、仕事は来ない」である。

 

これは、みなさんも感覚的には理解できるのではないだろうか?
世の中には、忙しい素振りを見せる人がいる。あっちのデスクで誰かと口早に話したかと思うと、今度はこっちのデスクでまた誰かと口早に話している。そして、自分の席に戻ったかと思うと、電話を矢継ぎ早にかける。電話をかけたかと思うと、今度は、急にカバンを抱え、慌ただしく会社を出て行く。
会社に戻ると、「ふーっ」と大きなため息をつく。そんな人は、みなさんの周りにも必ずいると思う。

 

こういう人は、こちらまで気ぜわしくなってしまい、とても見ていられない。
しかし、当の本人は周りの人たちの反応をそうは思っていない。「自分はできる有能な社員に見られている」と思っていることが多い。だからこそ、より一層、忙しく振る舞うことに磨きをかけるのである。

 

そして、こんな人にも、仕事は来ない。
その理由はきわめてシンプルである。とてもそんな人に仕事を頼む気がしないからだ。また、だいいち、取りつく島がないではないか。

 

こうした光景は、わたしたちは、買い物などの場面でもよく経験している。
買い物に行くと、よく忙しそうにしている店員に遭遇する。店員の一瞬の隙を見つけて話しかけると、つっけんどんな答えが返ってくる。そして、答えを言い終わるかいなかのうちに、もうその場所にはいない。違う仕事をやっているのである。
そして、私たちは、「誰がこんな店で買うもんか」と心に刻むのである。

 

しかし、まるっきり、それとは逆の場合にも遭遇することもある。
こちらが、なにかを尋ねようと思うと、不思議に目が合う店員がいる。そして、にっこりとほほ笑みかけているではないか。
そんな店員がいるだけで、その店が好きになってしまう。そして、どうせ買うなら、きっと、その人から買いたいと思うのである。

 

ここで、私たちは、次のことを考えなければならないと思う。
それは、もしかしたら、実際に忙しいことと、忙しく振る舞うこととは別なのではないかということである。
すなわち、実際に忙しい人が、忙しく振る舞うかというと、必ずしもそうではないということである。
逆に言えば、忙しく振る舞う人が、実際に忙しいかと言えば、必ずしもそうではないということである。

 

それは、先ほどのにっこりとほほ笑む店員の例で言えば、やはりお客は、この人から買いたいと思う。また、こうした人には、お客の方も自然と近づいていくはずである。
ということは、このにっこりほほ笑む店員にこそ、お客が集中することになる。
お客が集中するということは、このにっこりほほ笑む店員こそ、忙しい人なのかもしれない。
しかし、こうした店員は、自分の忙しさを人に見せないのではないだろうか。

 

こう考えると、なにか腑に落ちるものがある。
それは、「仕事が集中する人」を見たとき、その人は、もうバタバタ状態でとても話しかけることができない人ではないからだ。
忙しい中にも、人が話しかけることができる余裕のようなものを持っていることが多いからだ。
こうした余裕を人に感じさせるから、人は、またその人に仕事を頼むのではないだろうか。

 

「仕事が集中する人」の特徴は、今まで述べてきたような「あれどうなった?」「まだやっているのか?」「あいつどこに行っているんだ?」と言われない仕事の進め方に加え、忙しくても忙しく見せない余裕のようなものを持っていると思うのである。
だから、「仕事が集中する人」には、また仕事が来るのだと思うのである。

 

そして、こうしたことを考えたとき、もしかすると、忙しい素振りを見せる人は、これ以上仕事がこないようにと、忙しく振る舞うことによって、新たな仕事をブロックしているのかもしれない。

 

いずれにせよ、仕事が来ないようにするには、忙しく振る舞うことであり、仕事が来る人になるには、忙しい素振りを見せないことになるのではないだろうか。

 

そして、もし故意に新たな仕事をブロックする気持ちがないのなら、忙しい素振りを見せることはやめた方がいいと思うのである。
忙しい素振りを見せることは、多くの場合、癖になっている。また、多くの場合、「自分はこれだけ大変だ」「自分は能力があるんだ」ということを人に見てもらいたいから、そうしていると思うのである。
しかし、人はそのようには思わない。
ただ、「その人に仕事を頼むのはやめよう」と思うだけである。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

仕事が来る人の条件③ 「どこに行っているんだ?」と言われない人

「ビジネスマンの生き抜く技術⑪」

 

仕事が来る人の3条件のうち、今回説明する「どこに行っているんだ?」と言われない人が、一番難しいかもしれない。
今まで説明した「あれどうなった?」と言われない人、「まだやっているのか?」と言われない人は、みなさんもピンと来ると思うが、今回の「どこに行っているんだ?」は、? と思う人が多いのではないだろうか。

 

この「どこに行っているんだ?」と言われない人は、「肝心要のときは依頼主の傍にいる人」である。

 

実は、この「どこに行っているんだ?」という言葉は、私たちはよく聞いている。
たとえば、上司が部下を捜しているとき、「あいつ、どこに行っているんだ?」と言っている。
それは、多くの場合、上司が依頼した仕事の件で、急に確認したいことが生じた場合だ。
大事な会議の前、急に役員などに呼ばれたとき、あるいはトラブルが生じた場合などだ。
ところが、捜している部下がいない。その際に使われる言葉である。
そして、これまた多くの場合、周りの人は、「さっき、○○さん、出かけて行きましたよ」とか、「早退しましたよ」と答えているのである。

 

私は、客の立場でこの「どこに行っているんだ?」を痛切に味わったことがある。
それは、私の家のリフォームのときだった。
工事店の担当者の方は非常に真面目な方で、ちょくちょく私の家を訪問しては、工程を説明してくれたり、工事の進捗確認を行っていた。
正直、私は、「そこまでやってくれなくてもいいのに……」と思っていた。
ところが、ある日曜の朝、ものすごい音がする工事が俄かに始まったのである。
日曜の朝である。私は近隣の手前もあり、慌てて工事店に電話をかけた。そのとき、その担当者の方は不在だったのである。
そのとき、私はいらだちもあり「○○さん、いったいどこに行っているんですか?」と叫んだのである。

 

肝心要のときに、依頼主の傍にいない人にも仕事は来ない。
それは、仕事を依頼する方は、たえず不安だからである。
そしてその不安を払拭するために、肝心要のときは、自分の傍にいてもらいたいと思っているからである。

 

ところが、多くの人は、この依頼側の気持ちを意外にわかっていない。
「ちゃんと、言われているとおりにやっているんだから、いいじゃないか」と思っている人は多い。
確かに依頼側のニーズは、「頼んだ仕事をしっかりやってもらいたい」が一番に来るが、それと同時に不安も覚えたくないのである。
その不安を軽減するせめてもの願いが、肝心要のときは、自分の傍にいてもらいたいということだと思うのである。

 

しかし、そんな依頼側の気持ちを理解している人もいる。
上司の大事な会議の前に、「私、待機していましょうか?」と上司に尋ねる部下もいるのである。
あるいは、自分が外出したり出張する際に、上司に依頼された仕事の現況を報告し、上司の不安を払拭してから出かけていく部下もいるのである。
そんな部下には、上司は、心から「ありがとう」と思うはずである。

 

また、それは会社だけの話ではない。
顧客が自分の傍にいてもらいたいと望むとき ー トラブルのとき、納品のとき、顧客の担当者が上司決済を仰ぐとき……などシッカリと顧客の傍にいるビジネスマンもいるのである。

 

重要なことは、依頼側は、肝心要のときに傍にいてくれる人に、また仕事を頼もうと思うことである。
仕事が来る人、仕事が来ない人を分けるものは、単に依頼された仕事の完成度、質の問題ばかりではない。
この依頼側の気持ちが、大きく仕事が来る人、来ない人を分けるのである。
「仕事が集中する人」は、そんな依頼側の気持ちを知っていて、肝心要のときに依頼主の傍にいるのである。

 

ここは、ビジネス書に書いていないところなので、みなさんが人に大きく差をつけるチャンスでもある。
ぜひ、この依頼側の気持ちを腹に落としてもらい、頭一つも二つもリードしてもらいたいと思っている。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

仕事が来る人の条件② 「まだやっているのか?」と言われない人

「ビジネスマンの生き抜く技術⑩」

 

前回、仕事が来る人の条件として「あれどうなった?」と言われないことを取り上げた。
「あれどうなった?」と言われないことは、仕事が来るための最初の関門であると言える。

 

続いての関門は、今回取り上げる「まだやっているのか?」と言われないことである。
上司や顧客から、この「まだやっているのか?」を言われると、これまた、仕事が来ることはない。
ところが、この「まだやっているのか?」は、言われる方も、ピンと来る人とそうでない人がいる。
それを、今回、考えていきたい。

 

「まだやっているのか?」と言われるシチュエーションは、こんなことが多いのではないだろうか?
あなたは、上司から依頼されたことを一生懸命やっている。そこに、上司がやってくる。そして、上司はあなたの一生懸命やっている姿を見て、「まだやっているのか?」と言うのである。

 

ここで、問題になるのは、上司の「まだやっているのか?」の解釈である。
「おう、おう、一生懸命やっているな。ご苦労さん、ご苦労さん」という意味では決してない! ということである。
ここを、「大変だね。ご苦労さん」と解釈してしまう人もけっこう多いので、「まだやっているのか?」を仕事が来る人の条件の2番目に取り上げたのである。

 

それでは、上司の「まだやっているのか?」の意味は、どういうことなのだろうか?
それは、端的に言うと、「いい加減に早く終わらせろよ」という意味である。
「サッサと済ませてくれよ」という意味である。
それも、「こんなに時間をかけて………」とイライラ感が募った言葉なのである。
そして、上司は、様子を探りにあなたのところにやってきたと考えるべきなのである。

 

きっと、上司の腹の中にあるのは、「こいつに頼むんじゃなかった」という思いである。
ここで私たちが肝に銘じなければならないことは、上司はせっかちだということである。
また、同じように顧客もせっかちだということである。
それは、みなさんが、客側に立ったときのことを考えれば、よくわかると思うのである。
みなさんは、レストランで注文した料理がなかなか運ばれてこないと、すかさず店員に催促を入れたり、宅配ピザを頼んだときも、少しでも配達時刻を過ぎると、電話をかけているのではないだろうか。
詰まる所、頼む側はたえず、せっかちになるということである。

 

さて、ここで重要なのは、「まだやっているのか?」と言われる人の仕事の進め方である。
私は、「まだやっているのか?」と言われる人の仕事の進め方は、丁寧で慎重だと思うのである。
丁寧で慎重なことは、もちろん尊重されることだが、それよりも、依頼側がスピードを求めたときに「まだやっているのか?」と言う言葉を吐かれると思うのである。
つまり、依頼側は、「とにかく、早く済ませてもらいたい」と思っているときに、自分のペースで、丁寧に仕事を進めている人を見ると、苛立つのである。

 

そして、このことは、ビジネスマンの仕事の進め方全般に関わる問題だと思うのである。
みなさんは、よくこんな言葉を聞いたことがないだろうか?
「期限遅れの100点より、期限内の60点」
この点は、ライフネット生命社長岩瀬大輔氏が、著書『入社1年目の教科書』の中で、仕事における3つの原則の中の1つとしている。
3つの原則 ①頼まれたことは、必ずやりきる ②50点で構わないから早く出せ ③つまらない仕事はない
(参考:『入社1年目の教科書』私の書評 http://goo.gl/BWvBkd )
また、私の本のレビュアーの方も、それこそ「期限遅れの100点より、期限厳守の60点(できれば70点)」ということを引き合いに出している。
(参考:レビュアーページ http://amzn.to/1kkJaFa

 

つまり、頼まれたことは早くやる! 早く出す! ということが実務者感覚なのである。
そして、私はみなさんに、次のことをアドバイスしたいと思っている。
それは、仕事の進め方に対するアドバイスである。
みなさんが、下記のことを参考にしていただければ、絶対に、人より頭一つ、二つ出ると思うのである。

 

①完璧主義より完結主義をめざす

 

もちろん、完璧をめざすことは素晴らしいことだが、完璧をめざすと、どうしても時間がかかってしまう。
例えば、報告書作成一つをとっても、完璧を期そうと思うと、文字ずれ、レイアウト、表現など細部のことが気になって仕方がなくなる。
その結果、果てしない残業への道に入ってしまう。
しかし、多くの場合、依頼主は速さを求めているのである。
私は、ビジネスマンの仕事の進め方は、それよりは、「早く形を作りあげて、さっさと提出する」ことが重要だと思うのである。
それを、私は「完結主義」という言葉で表現している。

 

②「手離れ」を早く

 

仕事が完結する状態を表現する言葉である。
この「手離れ」をいう言葉も、私が考えた言葉である。文字通り、みなさんの手から、一つの仕事が離れていく瞬間を表す言葉である。
だから、「手放れ」ではなく、「手離れ」ということになる。
「この仕事とは、もうおさらばですよ」という感覚である。

 

みなさんが、この「完璧主義より完結主義をめざす」、そして「手離れ」を早く という感覚をつかめば、仕事は向こうの方からやってくる。
それは、依頼主から見れば、「早く、形に仕上げてくれる人」だからである。

 

(参考:『サラリーマンの本質』 第1議題 3.「手離れ」を早く )

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

仕事が来る人の条件① 「あれどうなった?」と言われない人

「ビジネスマンの生き抜く技術⑨」

 

今まで述べてきたように、ビジネスマンを生き抜くには仕事の量をこなすことが重要である。
そして、「仕事の量をこなす」代表者と言えば、わたしたちが、これから考察していく「仕事が集中する人」である。

 

ここで、大事なことを見逃してはならない。
それは、「仕事が集中する人」は仕事が来るから、仕事が集中するということである。
言い替えれば、「仕事が集中する人」は、仕事が来る「なにか」を持っているということになる。

 

私は、その「なにか」は、「あれどうなった?」「まだやっているのか?」「どこに行っているんだ?」と言われないことだと考えている。
すなわち、「仕事が集中する人」は、「あれどうなった?」「まだやっているのか?」「どこに行っているんだ?」と言われない人だと考えている。
私は、この3つのことを言われないことが、仕事が来る条件だと考えている。
そんなことを言われるような人には仕事は来ないのである。

 

今回は、その1番目である「あれどうなった?」について考えてみたい。
「あれどうなった?」と言われないためには、解答は1つしかない。それは、多くのビジネス書がいっているように「すぐやる」しかない。

 

しかし、「あれどうなった?」はそんなシンプルなものだが、意外と奥深いのである。
一つは、「あれどうなった?」は、仕事を依頼した方から見れば、一定の時間を待って発した言葉であるからである。
そして、「あれどうなった?」という言葉は、様子を探る言葉でもあり、言う方も言いづらい言葉であることを理解してもらいたい。
それは、そんな依頼側の感情を理解しえない人が、「仕事ができる人」などを論じてもなんの意味がないからである。

 

そして、もう一つは、「あれどうなった?」はどういう場合に言われる言葉であるかを理解する必要がある。
「あれどうなった?」は、時間を要しそうな重たい依頼の際に、言われる言葉だろうか?
多分、違うだろう。依頼側から見れば、そんな時間がかかるものではないと思っていること、すぐにでもできそうなことをまだやってくれていないときに言う言葉ではないだろうか?

 

たとえば、「電話をかけてくれ」「まとめておいてくれ」「話しといてくれ」「予約しておいてくれ」「確認しておいてくれ」「連絡をくれ」………
「あれどうなった?」は、そんな簡単なことに対する依頼ができていないときに発せられる言葉ではないだろうか?
そんな簡単なこともやってくれないことに対するイライラ感が募った言葉だと思うのである。

 

そして、こんな言葉を吐かれた人には、同じような依頼が回ってくることはなくなる。
それは、依頼側から見れば、また待たされるのが嫌であり、またイライラするのが嫌だという単純な理由からである。
きっと、依頼主は、そんな不愉快な思いをせずに済む人に新たな依頼をするだろう。

 

実は、このことが、仕事が来る人になるか、仕事が来ない人になるかの分かれ道なのである。
そして、このことにより、「仕事が集中する人」が生まれる。
「仕事が集中する人」は、依頼主から見ればイライラしないで済む人である。だから、また頼もうとするのである。それゆえに、どんどん仕事が集中していくのである。
一方、仕事が来ない人は、どんどん仕事がなくなっていく。
たったこれだけの話であるが、ビジネスマンの行く手を二分するのである。

 

そして、「あれどうなったか?」のディープなところは、その言葉を言われる人、言われない人とも、それがその人の癖になっているからである。
もしかすると、「あれどうなった?」と言われる人は、「簡単なこと、すぐにでもできそうなことは、後回しでもいいんじゃないか。それよりは重要な問題から取り組むべきじゃないか」と仕事の優先順位を考えている人かもしれない。そんなことを考える癖がついてしまった結果、すぐにやらない癖も体に染みついてしまった人なのかもしれない。

 

 

しかし、簡単なこと、すぐにでもできそうなことを、やれるかどうかで、ビジネスマンの行く手は大きく2つに分かれるのである!
シンプルだが、ここが大きな分岐点なのである。

 

『サラリーマンの本質』で「仕事は、とにかく簡単なものから解決していく」を詳述している。参考にしていただきたい)

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質