電車の中のマナーは意味がわからないと守れない

前回、電車の中の「マスクをしたモアイ像」のお話をした。
「マスクをしたモアイ像」、ヘッドフォンから音漏れしている人は、気づかない人である。

 

しかし、電車のマナーには、言っている意味がわからないことから、人に迷惑をかけている人もいる。
みなさんは、最近、駅員の人が、「手荷物は前に抱えてご乗車ください」と案内しているのを聞いたことがあると思う。

 

これは、リュックなどを背負って満員電車に乗車すると、続く人が電車に入りにくいこともあるが、そんな形で乗車すると、今度はその人が電車で揺れるたびに、そのリュックが後ろの人の顔にあたるから、たいへん危険だと言っている。

 

そんな放送の甲斐があって、最近では、リュックを前に抱えて乗車する人が増えているが、まだ、その意味がわからないで、あいかわらずリュックを背負って乗車している人も多い。

 

そしてもう一つ、みなさんは、「手荷物は、棚にお乗せてください」という車内放送を耳にしたことはないだろうか?

 

そんな車内放送を聞いて、みなさんは、どう解釈しただろうか?
実は、恥ずかしながら、私はその意味がわからず、最初は「ご丁寧に……」くらいに思っていたのである。

 

しかし、私はビジネスマナーの本を書いているときに、本に書いていることや、よく言われていることの意味を総点検した。
その中で、答えが導き出されたものもある。
その一つが、「『できる社員』は手土産を席の横に置く」である。
この手土産の置き場所は、ビジネスマナーの本には、そのものズバリ書いてないから、他の荷物の置き場所の意味を探りながら、私は答えを出した。

 

そして、いまでは、この「手荷物は、棚にお乗せください」の意味もよくわかるのである。
それは、手荷物を床に置くと、通行の邪魔になることが、もちろん考えられる。
つまり、車内がその分、スペースを取られるからである。

 

その次に、手荷物を床に置くと、手荷物が動いたりすることにより、人に迷惑をかけたり、場合によっては、そのことにより人を傷つけけてしまうこともある。

 

そして、私は、手荷物を床に置くと、それ以上に危険なことがあると思っている。
それは、その床に置かれている手荷物に人が気がつかないでいると、その手荷物につまずき、たいへん危険だということである。

 

実際、私自身、混んだ電車の中で経験した。
私は、電車が揺れたとき、足を瞬間的に前に出しバランスを取ろうとしたが、そこに手荷物が置いてあった。
私の足は置き場所がなくなり、私は前につんのめる形で倒れそうになった。

 

混んでいたから、足元まで目が届かなかったのである。
「手荷物は棚にお乗せください」の意味を改めて知ったのである。

 

そう考えると、駅員の放送も「手荷物は前に抱えてご乗車ください」あるいは、「手荷物は棚にお乗せください」では意味がわからない人が、ぜったいにいると思う。
また、「手荷物は前に抱えてご乗車しないと、人の迷惑になります」、「手荷物は棚に乗せない、人の迷惑になります」くらいでは不十分で、そろそろ、どう人の迷惑になり、どのような危険があるかも言う時機に来ていると思う。

 

しかし、この問題も、大元は、やはり人への気づかいの問題である。
そして、同時に、意味がわからないと、やはり人はマナーを守れないことも示している。
改めて、ビジネスマナーやマナーの意味を考えることの重要性を感じたのである。

 

電車を待つ

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

スマホで読む方法

 

 

綾小路亜也のその他のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質