サラリーマンの服装について

サラリーマンは印象が極めて大事である。いくら能力があっても、いくら仕事の進め方に長けていても、印象が悪ければ元も子もない。
ここからは、印象についてあなたと一緒に考えていきたい。
印象と言うと、まずイメージするのが外見である。具体的に言うと服装である。
ところが、第一印象を決定づけるほど重要なサラリーマンの服装について、ビジネス書で取り上げられることは極めて少ない。
また、会社や上司からも服装について具体的に語られることは、ほとんどない。
だから、みんな実のところはわからないまま、自分の判断で服装を選んでいる。
確かに人の服装については、その人の価値判断というものもあり、他人がとやかく言うことではないかもしれない。
しかし、自分の判断だけではわからない注意点もあるのである。

 

まず、サラリーマンの服装についての大原則を話しておきたい。
一言で言うと、「小ざっぱり」としていればOKである。
「小ざっぱり」という意味は、おおよそ「飾り気がなく、清潔で感じのよいさま」に集約される。その言葉通りのイメージである。
ブランド品や高い値段のものにこだわる必要はない。
それよりも、「清潔で感じがよい」というイメージを持ってもらいたい。
考えてもらいたいことは、ブランド品や高級品への「こだわり」は自分自身に向けられているということである。それよりは、あなたを取り囲む人の印象の方が重要である。
確かにサラリーマン生活の中では、ブランド品や高級品が必要な場合もまったくないわけではない。しかし、それは立場や役職との釣り合いから生じるものである。
それは、そのときに考えることであり、原則は、やはり「小ざっぱり」だと考えるのである。

 

重要なことは、「小ざっぱり」と逆にならないように注意することである。
サラリーマン社会で「小ざっぱり」の逆の言葉は、多分「ヨレヨレ」ではないだろうか。
そして「ヨレヨレ」の意味は、「服や靴がかなりくたびれている。しわしわで折り目がついていない」に集約されるだろう。
これは服装だけでなく、自分までも疲れた印象を与えてしまうので注意する必要がある。
また、ワイシャツの袖口や首回りがすり減っていないか確認することも必要である。

 

そして、この「ヨレヨレ」は、特に営業、セールスに従事している人は注意する必要がある。
相手から「疲れている」という印象を持たれることは、同時に「追い込まれている」という印象を持たれることでもある。
そんなセールスマンから人は買わないからである。
余談だが、セールスマンには派手な服装をしている人が多い。その理由は、逆に疲れた印象、追い込まれているという印象を持たれないということにあるのかもしれない。私は、それもいかがなものかと思うのである。

 

しかし、私は、この「ヨレヨレ」も、着ている人の性格の問題を除き、そこには原因があることもわかっているつもりでいる。
それは、サラリーマン生活は一定の収入の中でやりくりしているので、やはり厳しいのである。
きっと家庭の事情や予期せぬ出費ということもあるだろう。
これは、私もサラリーマンを経験したから痛いほどわかるのである。
だから、私は、「小ざっぱり」という表現を使った。
「小ざっぱり」の真意は、ワイシャツやスーツをスーパーやディスカウントショップで買っても、清潔であればOKという意味である。
そして、高い値段のものをヨレヨレになるまで着るよりは、安くても新しいものの方が断然マシという意味である。
苦しいかもしれないが、安くてさっぱりしたものを買えばいいくらいの気持ちで、頑張ってもらいたいと思っている。

 

さて、あなたは、あなたの周りの人の服装を見て、ある特徴に気づかないだろうか?
それは、「活発なタイプの人は服装も派手目なものを選び、地味なタイプの人は服装も地味目なものを選ぶ」ということである。
これらの人がスーツやワイシャツ、ネクタイを新調した場合のことを考えてもらいたい。
この人たちは、「ちょっといつもとは違ったものを選んでみようか」という気持ちで新調することが多いと思う。
しかし、そう思うのはこの人たちだけであり、傍から見ると、まったく同じ系統のものを選んでいるのである。

 

このことを、だから、人それぞれにタイプというものがあると言ってしまえば、ここで議論は終了してしまうが、怖いのは、そんなことからサラリーマン社会では先入観を持たれ、ジャンル分けされることである。
すなわち、イメージが固定化される恐れがあることだ。
たとえば、「アイツは内勤向きだ」「アイツは、営業向きだ」とに分けられてしまうことがあるのではと考えている。
確かに、そういうタイプ別の分類は、あたっている場合も多いだろう。
しかし、サラリーマン社会でジャンル分けされることは決して好ましいことではない。
それは、一定以上の地位につく人は、営業もできるし、管理部門もこなせると思われる人ではないかと思うからである。
私は、こういう先入観は早い時期に払拭した方がいいと思うのである。

 

こう考えると、確かに、経理や総務などの内勤部門には地味な服装をしている人が多い。
地味なタイプだからそういう部門に所属しそんな服装をしているのか、服装が地味だから堅実な人と思われそういう部門に配属されたのかは、いわば鶏が先か卵が先かの議論に似ている。
しかし、もし、あなたが地味に思われて、自分の本意ではない部門に配属されたと思うのなら、まず服装からイメージチェンジする必要がある。
ことわっておくが、地味なタイプの人がいいとか悪いとかの議論をしているわけではない。
サラリーマン社会には、様々なタイプの人が必要であり、その中でもコツコツ型の人材は貴重な戦力であることは言うまでもない。

 

そして、人が服装でイメージチェンジをするときに注意することがある。
それは、いきなり正反対のことをしてはいけないということである。
世の中では、よく「年を取ったら派手目な色を選べ」というようなことが言われている。
私は、先日ある温泉に行った。そこに息子家族に連れられた、おとなしそうなおじいちゃんがいた。
優しい息子家族から多分外出用に買ってもらったであろう真っ赤なセーターを、そのおじいちゃんは着ていた。
しかし、残念ながら、そのことがかえっておじいちゃんの年を浮き彫りにしてしまっていたのである。
こうしたことから、自分でもちょっと地味だなと思う人は、いきなりネクタイを赤にするなど極端に変えない方がいい。
やはり、違和感が生じる。すぐには馴染まないのである。
まずワイシャツをブルーやストライプに変えるにするなどして、徐々に進めたらいいと思う。
重要なことはこの踏み出しの第一歩だ。一歩踏み出すことができれば、そのうち、少しずつ自分自身で変えていくと思う。

 

もう一つ。服装ではないが気になる部分が髪である。
年を取るに従い、髪の毛は細くなっていく。しかし、いつまでも若さの象徴のように髪を長くしている人を見るが、逆効果である。
若い時と異なり、髪の毛を長くしていてもボリューム感が出ない。むしろ長いゆえにその重みでペタッと頭に貼り付く。
逆に髪を短くすると、髪が立ちボリューム感が出る。
長い髪でも、きれいに整髪していたならばまったく問題がないが、よく朝晩の電車の中で「疲れているな」と感じさせる人には、髪を長くしている人が多い。
なぜ、髪が重要かというと、ここも人に疲れを感じさせるポイントだからである。
ぜひ、一度電車の中で、じっくり観察してもらいたい。

 

さて、色々服装や外見のことを書いてきたが、論点は、そこから生じる人の印象でありイメージである。
そして、周りの人が、その人の外観上のイメージでその人の発言、提案を受け止めてしまうことがあるということだ。
それは、人は、まずその人を外観から判断するからだ。つまり人の評価の第一関門がそこにあるということである。
その人の内容や中身、あるいは提案内容がしっかりしたものであったとしても、第一関門で大きく前途を塞がれてしまうことがある。
もちろん、その人の根源的なものは、内容にあることは間違いない。そして、その内容に入る前に第一関門で塞がれてしまうことだけは、絶対に防がなければならないのである。
言い換えるならば、早く内容に入ってもらうために、服装という第一関門を突破しなければならないということである。

 

 

ポイント
①人は、まず外観から判断される。
②注意しなければならないことは、外観上のイメージで、発言、提案が受け止められるということである。
③自分を正しく知ってもらうには、外観という第一関門を突破する必要がある。

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質