ビジネス書紹介

ちょっと気になる本を紹介!

『ビジネス書大バカ事典』

勢古幸爾(せこ・こうじ)のファンは多い。
躊躇うことなくポンポンものを言い、痛快なのだ。しかも当たっている!
おまけに、1947年生まれと人生経験も豊富だから、いろいろな作家が持論を展開しても、すぐに内容を見破ってしまう。

 

そんな勢古氏が書いた本に『ビジネス書大バカ事典』がある。
なんと新書3冊分650枚の大作だ。
しかし、2010年発行の本であり、Amazonマーケットプレスからしか購入できない。
(ただし、安く買えます)

 

 

ビジネス書大バカ事典

 

 

この本のなかに、「『イチローになれる』は信用しないのに、なぜ『成功する』は信じるのか」というタイトルがある。
「もしかして、このオレも」と考えるからだ。

 

考えてみれば、勢古氏が言うように、「目標を達成した人は、結局は、自分で考え、自分で行動した人」であることは明らかだ。
それにもかかわらず、読者が成功本を求めるのは、「『成功』という言葉が曖昧模糊としているから」だと言う。

 

そして、成功本を求める人たちは、次々に「もっと本物はないか」と本から本を渡り歩く。
「そういう人がもっとも信用していないのは、もしかしたら自分の力ではないか」、それを防ぐには、「自分のひとりよがりでない価値観を持つこと」が必要と勢古氏は言う。

 

 

この本の終わり近くにこんな言葉が載っている。
「知識や技術や論理的思考などなら、時間をかけて集中して勉強をすれば身につけることは可能だ。しかし、どこに出ても通用する人間は一朝一夕にはできない」
身にしみる言葉である。

 

 

(参考)勢古浩爾氏の他の本もこのブログで紹介しています。
『定年バカ』 http://goo.gl/KVNNTB

 

 

 

 

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人への本

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

「出世しぐさ」のすすめ

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

メルマガ「出世塾」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

2019年1月6日