おすすめのビジネス書ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスパーソンに役立つと思うおすすめのビジネス書です。
ビジネスパーソンが「腑に落ちる」かどうかを基準に選びました。
みなさんのご意見をどんどんお寄せ下さい。
本の画像をクリックすると本のページに、題名をクリックすると書評が見られます。          推薦ページ
1   
『現場論』 遠藤 功 東洋経済新報社 

現場は組織能力の塊であることがよくわかる。現場にいる人必読の書
2   
『輝く会社のための 女性活躍推進ハンドブック』 清水レナ 
                      ディスカヴァー・トゥエンティワン

女性活躍推進を考えるとき、ぜったいに手元に置いておきたい本
3  
『仕事ができる人 できない人』 堀場雅夫 三笠書房

私たちが刷り込まれてきた「仕事ができる人」とは全く違う像が示されている。

4

 
   
『他人を攻撃せずにはいられない人』 片田珠美 PHP新書

他人を攻撃する人は、支配欲が強く、他人の価値観を認めない人である。

5

 
 
『夢をかなえるゾウ』 水野敬也 ミズノオフィス

私たちは、なぜ成功法則の本を読み続けるのか? その疑問に答えてくれる本

6

 
 
『会社を踏み台にして昇る人 踏み台にされて終わる人』 夏川賀央 ユナイテッド・ブックス

「やりたいこと」にこだわりを持ち、仕事は一つと考えることを紹介している。
 
7
   
『リッツ・カールトン超一流サービスの教科書』 レオナルド・インギレアリー
                     ミカ・ソロモン 日経ビジネス人文庫


リッツ・カールトンの真髄は、お客さまの気持ちの「先読み」にある

8

 
『チーズはどこへ消えた?』 スペンサー・ジョンソン 講談社+α新書

得たものがなくなったときの選択肢を問うている。成功哲学書
 9
   
『キリンビール高知支店の軌跡』 田村 潤 講談社+α新書

企業が戦う、勝ちに行くということは、どういうことかを示した真実の書
 
10

 
『薄っぺらいのに自信満々な人』 榎本博明 日本経済新聞出版社

コミュ力重視、SNSの時代に、仕事力を高める王道を指し示す
11
 
 
『伝え方が9割』 佐々木圭一 ダイヤモンド社

相手の頭の中を創造し、相手のメリットと一致するお願いをつくる

 12
   
『仕事は楽しいかね?』 ディル・ドーデン 野津智子訳 きこ書房

成功法則とは何か? 「”明日は今日と違う自分になる”だよ」と老人は言う
13
 
『フォーカル・ポイント』
 ブライアン・トレーシー 本田直之監訳
              
ディスカヴァー・トゥエンティワン

「レバレッジ」の考え方がわかる。成功者の習慣と行動を特定している本
14  
『イシューからはじめよ』 安宅和人 英治出版

「何が本当のカギ」なのか、それが「イシュー」である。
15  
『ロジカル・シンキング』 照屋華子・岡田恵子 東洋経済新報社

ビジネス書の教科書的存在。正しい知識をぜひ身に付けたい。
16  
『ワン・シング』 ゲアリー・ケラー ジェイ・パパザン SBクリエイティブ 

要は、1日をどう生きればいいのかに答える本

17
 
『GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代』 アダム・グラント 三笠書房

ギバーの可能性を知る。テイカーもマッチャーも限界があることに気づく。

18    
『効率が10倍アップする 新・知的生産術』 勝間和代 ダイヤモンド社

外資系コンサルタントの思考方法を知ることができる。内容も盛りだくさん。

19
   
『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』
                     ケリー・マクゴニガル 日経BP社

不安・ストレスへの対処法は一読の価値あり!

20

 

『できる人の超★仕事術』 高城幸司 中経出版

いきなり「仕事のできる人」になれない。それにはステップがある。

21
 
 
『一流の人に学ぶ自分の磨き方』 スティーブ・シーボルト かんき出版

一流の人は、一日の充実を求め、成功への代償を払っている。

22
 
 
『シンプルに考える』 森川亮 ダイヤモンド社

ビジネスはシンプルに顧客に価値を与えることである。
23    
『そんな営業部ではダメになる』 藤本篤志 日本経済新聞出版社

営業改革が進まない本質に迫る。
24
   
『大前研一と考える営業学』 大前研一ほか4名 ダイヤモンド社

「営業のマーケティング・マインド」「営業のセルフ・マネジメント」はおすすめ
 25  
『非常識な成功法則』 神田昌典  サンマーク出版

多分、「成功の本質とはこういうことなんだろうな」と思わせる本
 26  
『「いい質問」が人を動かす』
 谷原誠 文響社

質問を受ける方は考えて答えなければならない。そのシンプルな原則に本質がある
27
 
『逆転出世する人の意外な法則』 平康慶浩 プレジデント社

上のポストになるほど卒業基準ではなく入学基準で選ばれている!
28
 『要領よく出世する人』 村上賀厚 東洋経済新報社

出世する人の人物像に迫る
29
 
『悪いヤツほど出世する』 ジェフリー・フェファー 村井章子訳
             日本経済新聞出版社

リーダーシップについて書かれた本や研修の中のリーダー像と、実際のリーダーとは違う。
30
 
『最強「出世」マニュアル』 浅野泰生 マイナビ

スピード出世を成し遂げたビジネスマンが書いた出世の法則

31

 
   
『人事の超プロが明かす 評価基準』 西尾 太 三笠書房

普遍的評価基準であるコンピテンシーを追う!

32

 
『仕事で恥をかかないビジネスマナー』 岩下宣子 日経文庫

ビジネスシーンの描写が見事。ビジネスマナーは「思いやり」と「気づかい」である
 33
 
『人脈につながるマナーの常識』 櫻井秀勲 きずな出版

マナーの本でありながら、そこまでの丁寧さ、丁重さ入らないと言っている本
34
   
『一流の雑談力』 安田 正 文響社

二回目以降の面談で相手との距離を縮める。営業マン必読の書

35

 
『仕事のヒント』 神田昌典 フォレスト出版

1ページに1つだけの本質を突いたメッセージがある本

36
   
『入社1年目の教科書』 岩瀬大輔 ダイヤモンド社

ビジネスパーソン向けの教科書としては最高レベル。中堅職員、管理職も必読の書

37

 
   
『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』  山本憲明  明日香出版社

「仕事が早い人」の特徴をよく捉えている

38

 
『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない 漆原直之 マイナビ新書

そもそも、なぜビジネス書を読むのかという疑問に答える本 
  

39


『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか
  フィリップ・デルヴス・ブロートン プレジデント社

タイトル通りの疑問を持っている人は多い。営業の本質もわかってくる。   
40  
『U理論入門』 中土井僚 PHP研究所

既存の思考法では問題が解決しないことを知る本

41

 
『営業の神様』 ジョー・ジラード アルファポリス星雲社

営業で成果を上げる人は、こういう人だということを知る本

42

 
マッキンゼー』 ダフ・マグドナルド ダイヤモンド社

そもそもコンサルタントってなんだ、マッキンゼーとはなにかに答える本

43


『「売れる営業」に変わる本』 和田裕美 ダイヤモンド社

女性作家の本は男性には売れないという常識を覆した本。ぐいぐいと引き込まれる。

44

 
 
『売れる女性の営業力』 太田彩子 日本実業出版社

営業のツボがわかる本。非常に高度な内容が織り込まれている。
45
『コンサル一年目が学ぶこと
 大石哲之 ディスカバー・トゥエンティワン 

外資系コンサルタントの考え方がよく整理できている本
46
 
『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか? 』 高橋政史 かんき出版

基本は外資系コンサルタントの考え方だが、参考となることが必ず見つかる本。
47
 
『仕事ができる社員、できない社員』
 吉越浩一郎 三笠書房

経営者の視点から「仕事ができる人」を追う。経営者の厳しさを知る。

48
 
 
『金持ち父さん 貧乏父さん』 ロバート・キヨサキ 白根美保子訳 筑摩書房

勤労所得をできるだけ速く不労所得やポートフォリオ所得に変える
49
   
『柴田和子 終わりなきセールス』 柴田和子 東洋経済出版社

桁外れのセールス実績を上げた著者。セールスの原点を知ることができる。
50
   
『サイコパス』 中野信子 文春新書

サイコパスを知らなければ、自分を守ることができない。良心とは何かも知る。
51
 
『フェイスブックが危ない』
 守屋英一 文春新書

情報セキュリティーを考える際の必読書的存在
52
 
『人見知り社員がNo.1営業になれた私の方法』 長谷川千波 祥伝社

セールス力向上に役立つ本。本人が苦労しながら学び取ったものである。

53

 
『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』 鈴木真理子 明日香出版社

業務でのうっかりミスを防ぐのに役立つ本

54
 
『しなやかな仕事術』 林 文子 PHP文庫

著者自身の経験をベースにしているので納得感がある本
  
参考
図書1 

『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』 綾小路亜也

出世はタイミングを「合わせる」「引き寄せる」「早める」「逃さない」という4つの動作で決まる!
参考
図書
 
『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』  綾小路亜也

ビジネスでの「差」はたえずビジネスマナーに書かれていないところで生じている
参考
図書
3
 
『企業で働く 営業女子が輝く35のヒント』
 綾小路亜也

企業で働く営業女子がポイントゲッターになる方法を記載
参考
図書
4
   
『サラリーマンの本質』 綾小路亜也 

ビジネスマンの頭で考える生き抜く技術を紹介。女性にもおすすめ
(参考)書評一覧