記事(ブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスマンに参考になるブログです

キャリーバッグのマナー

キャリーバッグのマナー

 

私たちは、いつの時代からバッグを「引く」という動作を覚えたのだろうか?
ひと昔前は、バッグを引くという動作は、CA(キャビンアテンダント)の専売特許みたいな存在で、CAたちが空港ロビーをバッグを引きながら歩く姿に優雅さを感じたものだった。

 

そんな光景を見たとき、「なんでそんな小さいバッグを引く必要があるのか」と思った人も多かったと思うが、通路を片側に寄って歩く彼女らの姿は、利用者の迷惑になるわけではないし、「そんなものか」と思ったはずである。

 

今にして考えれば、ハンドルを引き伸ばすことができるバッグ、あるいはキャリーカートバッグはCAたち専用のものだったのかもしれない。
しかし、今や、誰もが利用する手段となった。

 

だが、ひと昔前に「迷惑になるわけではない」と思った感覚は、まったく別な感覚となった。

 

それは、今はキャリーバッグあるいはキャリーカートバッグを引く人が多いため、明らかに、駅構内などで人の流れが悪くなってきたことである。
そして、そんなキャリーバッグにつまずきそうになって、危険な思いをするようになってきた。
しかし、なぜか、マナーの世界では、それが表立って論議されることがない。まったく不思議である。

 

そこで、キャリーバッグやキャリーカートバッグ使用上の問題を整理してみることにする。
キャリーバッグやキャリーカートバッグの問題点は、「引く」ために、引く人の後ろにかなりのスペースが必要だということである。

 

だから、混雑時にキャリーバッグやキャリーカートバッグを引いていると、後ろに続く人は、そのスペース分、前の人と距離をあけなければならない。
また、急いでいても、そんな人が前にいると、なかなか先に進めない。

 

そんな光景は毎日のように目にする。
エスカレーターの前で、人が溜まる。
その原因はキャリーバッグを引いている人が、エスカレーターに乗る寸前までキャリーバッグを引いているからだ。
これでは、後ろにいる人は、その人がエスカレーターに乗り終わるまで待たなければならない。

 

また、無念そうな乗客の姿も目にする。
電車に乗るとき、キャリーバッグを引く人の後ろについてしまうと、キャリーバッグを引く人は電車に乗りこむことができるが、その後ろにいる人は、自分が乗り込む前に、無情にもドアが閉まってしまうことがある。

 

そのほか、エスカレータ―の右側を、急いで上がろうとしていた人が、キャリーバッグをエスカレーターの右側に置いていた人がいたために、上れないでいることもよくある。

 

それだけならば、「うーん」と無念さをかみしめるだけで済むが、キャリーバックやキャリーカートバッグが小さいと、その存在に気づかず、つまずくことがある。非常に危険である。
混雑時は、人の背中を見て歩くから、まさか自分の足元にキャリーバッグがあるとは誰も思わない。

 

そんなキャリーバッグやキャリーカートバッグ利用者の注意点は、ほぼ一点に尽きる。
それは、混雑時には「手に持つ」ということである。
また、キャリーバッグやキャリーカートバッグを常に「引く」のではなく、ときには自分の体の前に持ってくるという動作も必要である。

 

手に持つのがたいへんな大きいスーツケースを運ぶときは、なるべく通路の隅を歩いたり、エレベーターを活用することである。
そんなときでも、エスカレーターや電車に乗るときは、後ろにいる人のことを考えて、意識して、早く自分の手で持つという動作が必要である。

 

そして、キャリーバッグやキャリーカートバッグで気をつけたいことがもう一点ある。
それは、石畳などを引いたとき、キャスターの音が大きくなるときは、そのときは、やはり手に持つということである。
よく、けたたましい音を立てながら、平然とキャリーバッグを引く人がいるが、音の迷惑も考える必要がある。

 

マナーはいつも自分の利便性と関係している。
キャリーバッグやキャリーカートバッグも、手に負担がかからないから非常に便利である。
特に高齢者にとってはなによりのツールである。

 

キャリーバッグやキャリーカートバッグは非常に便利なものだが、利用するにあたり「人にどのような影響を与えているか」も考える必要がある。
マナーの原点は人のことを考えることであり、それは人への「思いやり」である。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスマナーを超えたい人のビジネスマナー
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

スマホで読む方法

 

綾小路亜也のその他のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質』(完売しました)

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756