「ビジネスマンの守る技術」目次

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事名をクリックすると、記事が見られます
    記事名
第1章 業務遂行編
01  人は頼んだことへの早さで信頼度を決めている
02   スピードとは簡単なものを処理する速さである
03  「やった」という動作はたえず重視される
04  「なぜ上司はせっかちなのか」を理解する
05   早く問題、課題から手離れする
06   完璧主義より完結主義をめざす
07   問題文をよく読み、余計なことをしない
08   ルールを理解する
09   ポイントポイントを押さえながら進む
10   相手から追い込まれない
11  「○○しているようで○○していない」にならない
12   同じ失敗は繰り返される
13   念押し確認をすると評価される
14   問題の難易度を上げない
15   ビジネスマンの書類整理術は、入れたら捨てる
16   人のペースに惑わされない
17   「なぜ仕事はできる人に集中するか」を理解する
18  「終わりよければすべてよし」の状態にもっていく
第2章 報告編 
19   上司の状況を見て報告する
20   「なぜ結果-原因の順で報告するか」を理解する
21   まずは結果に直接関係する事実を報告する
22   全部を話そうとすると上手く話せない
23   聞かれたら答えるというスタンスも重要
24   自分の意見を言う前の空白の時間を耐える
25   要回答は報告順位を見られている
26   折り返し文を書かない
27  文書作成に時間をかけないコツ
第3章 会議出席編 
28  会議の前にあまりバタバタしない
29   「どうすれば、できるか」を話す
30   自分の立場に固執しない
31  前もって会議の進行を読んでおく
32   会議のあとの報告会は重視される
33  決められたことはすぐに具体的行動に移す
第4章 評価・面接編 
34  数値化できる目標を書く
35   言い訳の内容は上司もよく知っている
36   できた数よりできなかった数を言う
37   前任者のことは言わない方がいい
38   事実に基づいた自己評価をする
39   異動希望先に人事部と書かない
第5章 上司との関係編 
40   上司より早く待ち合わせ場所に到着する
41  訪問先に迷わず行けるようにする
42  上司の話に割り込まない
43   昼食の候補先を用意しておく
44   出張先での朝食は、上司がいるテーブルに座らない
45   ゴルフで上司よりスコアがいい場合は、はしゃがない
46   飲みに誘われたら、さっさと仕事を切り上げる
47   居酒屋に行ったらオーダーに迷わない
48  上司は飲んだときの話をよく覚えている
49  「過去はこうだった」とあまり話さない
50   上司について話すときは、いったん周りを確認する
第6章 知らないと失敗する対応編 
51  お詫び訪問では、出されたお茶を飲まない
52   座る場所には原則があるが、ケースによって異なる
53   車に乗る場合は臨機応変も必要
54   お祝い、餞別はこっそり渡す
55  手みやげをケチらない
56   サラリーマンは借りを作らない
57   面談中のメモは最小限にする
58   得意先を辞去するときは、視界から消えるまで我慢する
59   「上の者を出せ」と言われても、できる限り頑張る
60   上の人から折り返しの電話をもらわない
第7章 印象編 
61   サラリーマンの服装について
62   明るい人が好まれるワケ
63  サラリーマンのパフォーマンス
64   やってから、ものを言う癖をつける
65   どうでもいいことに固執しない
66   知ったかぶりは痛い目にあう
67   忙しく振る舞うことはいいことではない
68   社内情勢には精通するが、話さない
69   直属の上司を立てる
70   知識は自分の中に仕舞い込む