人が身に着けるものに他人が口を出すのはおかしいという話

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンがネクタイを選ぶときの話である。
新年の挨拶回りや、パーティーの前など、自分にとって重要なシーンが来るときに、サラリーマンはネクタイを買いにデパートに行く。
このデパートに行くときには、心はもう多少の奮発を覚悟している。
そう、前提は、奮発を覚悟しているということで考えてもらいたい。
ところが、デパートに行き、いざネクタイを選ぼうとするときに、手は止まる。

 

8,000円台のネクタイはいい。しかし、12,000円のネクタイは、もっといい。そして20,000円台のネクタイは、さらにいい。
思わず、次々にそのネクタイを締めている自分のシーンが浮かぶのである。
しかし、見事に値段別にカテゴリー化していることに気づく。
「うーん」と唸る。私は、高いネクタイを買った場合の他に及ぼす影響、つまり、こづかいが残り少なくなることを考えるのである。
「そんなことを考えずに、手に取ったものを何の迷いもなくレジに持っていくことができたらな」といつも感じる瞬間である。
嫌な言葉でいうと、なにか、サラリーマンのヒエラルキーを感じるような瞬間である。

 

さて、安田 正氏の「一流役員が実践している仕事の哲学」(クロスメディア・パブリッシング社発行)にネクタイの話が載っていた。
(当HPの「本の紹介」参照)
その話の中で、「一流役員のネクタイは、長い特徴がある」そうである。
それは、みなさんもお気づきのように舶来のブランド物は、確かに長いのだ。
私はこの本を読んで、「嫌な部分に気がついたな」と思った。
しかし、負け惜しみではないが、次のことも思った。
「この本で言う一流役員が、ネクタイを、もし値段ヤプランドで決めていたとしたなら、 たいした人ではないな。いい物をやはり欲しくて、その結果が舶来ものだったら、悔しいけれど、仕方がないが」と。

 

余談だが、私は、人に自分のネクタイのことを褒められたことが、数は少ないが何度かある。
その中で、よく顔を合わす得意先の社長から、「いままで締めていたネクタイの中で、今日のが一番いいですね」と言われたことがある。
しかし、そのネクタイは、恥ずかしい話だが、私が当時赴任していたある地方都市の駅構内で机の上に載せられていたセール品だった。
もちろん、安売りの中で、目に止まったから買ったのだが、それは、1000円均一のネクタイであった。
他人の眼など結構、当てにならないというと感じた瞬間だった。

 

さて、長年サラリーマンをやってきた私の感覚では、ネクタイと言わず、やはりいいものはいい。
もっと言うと、値段だけのことは確かにある。それは、品質という意味である。実際、縫製もしっかりしているので長持ちする。
しかしである。一方、この値段というものは、あるいはブランドというものは、自分自身に向いているような気がしてしようがないのである。
たとえば、先に述べた私が選んだセール品のネクタイは、自分では気に入っているが、パーティーの席には締めていかないだろう。
パーティーの席では、人に気づかれなかったとしても、「おれの今日のネクタイ〇〇ブランドだぞ」とか、「このネクタイ、結構高かったぞ」と自分に向かって言っているのである。

 

すなわち、何を言いたいかというと、人は、本当にいいものには気づくかもしれないが、自分が感じている以上に、その値段やブランドはよくわからない。それでも、ここぞというときに、まさに、いいネクタイを締めようと思うのは、大半が自分向けの納得、言い聞かせではないかと思うのである。
それで、自分が納得するならば、高い値段を出してもいいんじゃないかと思うのである。
しかし、「ブランドだからいい」という考えは、やはり、違っているのではないかと思うのである。
先の一流役員の話ではないが、自分の立場、自分が会う人、自分の顧客等を考えて、自分が納得していいネクタイあるいは高いネクタイを選んでいるとしたら、それは、人がとやかく言う話ではない。

 

そう考えてくると、人が身に着けるものに、とやかく言う方がおかしいのではと思うのである。
自分が身に着けるものは、なんだかんだと言っても、自分が色々なシチュエーションや状況を考えて、納得して選んでいる。
それを、他人がとやかく言う話ではないのである。軸は自分なのである。

 

 

img_a070

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です