次善の策を講じていると、出世のお鉢が回ってくる

2018.08.02記事を更新しました。

サラリーマン生活で「次善の策」を講じることは、言うはたやすいが、けっこう難しい。
いざ自分がその場に立ってみると、いかに難しいかがわかる。
「次善の策」は、どういう場合に考えなくてはならないのだろうか?
それは、サラリーマンの場合は決まっている。昇格や異動等、自分の思惑通りにいかないときだ。
そんなとき、ショックに打ちひしがれ、「もう、どうでもいいや」と思ってしまう。

 

しかし、そんなときこそ、「現状に踏みとどまる力」というものが必要なのだ。
たとえば、部長になれなくても、いまの課長という役職に、シッカリと足をつけて踏みとどまる。
ここを、投げやりにならないことが肝心だ。
ここを投げやりにすると、いまの課長という役職すら危うくなってしまう。
これが厳しいサラリーマン社会の現実なのだ。

 

会社で投げやりになっている人をみると、かっては非常に優秀だったという人が多い。
同期の中で、出世争いのトップ集団にいたが、残念ながらその戦いに敗れたという人が多いのだ。
そのことが尾を引いて、投げやりになってしまい、次々に役職を解かれてしまった。
まるで松本清張の小説に出てくるような話だが、あなたも、そんな話を聞いたことがあるはずだ。

 

その人の思いやショックというものは痛いほどわかる。
辛いけど、本当に辛いことなれど、ここは、いったん現実は現実として受けいれ、自分で態勢を整えるしかないのだ。
ここを起点にして考えなくてはならないのだ。
ここを起点にして、「次善の策」を考えるのだ。
厳しい表現だが、いまは、期待していた状況はすでに失われている。
ここにこだわっていても、先に進まない。
次のチャンスを待つのだ!
チャンスはいつやってくるかわからない。
部長になれなかったとしても、堂々と、決意を新たに新任地に向かってもらいたい。
ここで頑張り、全力を尽くし、チャンスを待つのだ。
こうしたことは、会社もぜったいに見ている。
これが、大人の「次善の策」だ。

 

しかし、世の中不思議なもので、「次善の策」を講じて頑張っていると、以前自分が期待していたポストを凌ぐお鉢が回ってくることがある。
これだから、世の中、何がよくて何が悪いのかわからない。
考えてみれば、出世した人でも、すべて順調で出世したわけではないのだ。
こう言うと、あなたは「あいつはとんとん拍子で出世した」と言うかもしれない。そういう人は皆無ではないが、あなたがそう思う人も、かならず、どこかでつまづいたことがある。
このことは、日本経済新聞の「私の履歴書」を見てもわかることではないか。つまづいた内容は話半分としても、つまづかなかった人を見つける方が難しいのではないだろうか。

 

つまり、出世には、持ちこたえる力といったものが必要なのだ。
出世した人は、持ちこたえたから、出世したとも言えるのだ。
だから、持ちこたえて、持ちこたえて、持ちこたえるのだ。
頭の切り替えが、非常に難しいことはわかっているが、うまくいかなかったときは、ここが大人の「次善の策」の講じどころと考えることが重要だ。
頑張ってもらいたい。

 

 

 

 

こっそり読まれ続けています

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください