色々なことを言うと結局はつまらない組織となる

このエントリーをはてなブックマークに追加

組織改革や組織の改善に意気軒昂に取り組む組織の長がいる。
組織の改革や改善はどんな場合でも必要だが、あまり言い過ぎると、結局は組織で働いている人にとって、組織自体がつまらないものになる。
つまり、改革や改善は絶えず必要だが、あまり、「ああだ」「こうだ」と注文をつけすぎないということだ。ものには限度、程度があるということだ。
組織に属している人たちが、自分の組織がおもしろくない、つまらないと思ったら元も子もなくなるということだ。
それに、精神的な負荷も大きくなってくる。組織の中で悩む人の要因の一つでもある。
このことは、組織の長は、意外にわかっているようでわかっていないことである。

 

実は、このことも、『サラリーマンの本質』のひとつのテーマとなっている。
日本のサラリーマン社会では、「現場」は絶えず、「言われる存在」になっている。その「言われる存在」である現場の組織の長は、さらに部下たちに、色々なことを言う。
そうすると、現場で働く人は、「言われる存在の職場」に属するだけでなく、さらに現場でも「言われる存在」になっているということだ。
これでは、たまったものではない。多くの人が悩みをかかえるのも無理はない。
そして、現場で働く人は、自分が働く職場を、楽しくない職場、おもしろくない職場、つまらない職場、憂鬱な職場と考えるのである。
ところが、世のビジネス書は、この現場で働くサラリーマンにさらに追い討ちをかけるのである。
「ああしなさい」「こうしなさい」と。
日本のサラリーマンはみな、真面目である。その真面目なサラリーマンは、この「ああしなさい」「こうしなさい」を真に受け、頑張ろうとするのである。それだから悩むのである。
これが、『サラリーマンの本質』の出発点となった。

 

さて、本題に戻ろう。
組織の長が色々部下に言おうとすることは、その多くは、会社施策の実行や、会社方針徹底のためである。
それだから、色々、言うのである。
しかし、言われた方からすれば、言われた内容より、その数が気になる。
その数があまりにも多いと、それこそ、「ああしろ」「こうしろ」となり、頭が受け付けず、混乱し嫌気がさすのである。
ものには限度があることを物語っている。

 

この問題の解決法の一つは、「背景説明」である。
なぜ、今、そうしなければならないかという「背景説明」である。
ここをしっかりと行うことが重要である。我々は、ストンと腑に落ちさえすれば、やるのである。

 

たとえば、会社全体で経費削減に取り組んでいたとする。各現場では、「できる限りプリントアウトするな」「カラーコピーを取るな」と号令がかかる。
現場で働く人は、仕方なく、やるか、やっている素振りをする。
そんなとき、「会社の現状から、こうしたことも重要なんだ」と、しっかりと説明を受ければ、我々は、自然にやるのではないだろうか。
また、営業現場では、とにかく「新規、新規」と呪文のように唱えられている。
営業マンは、仕方なく形だけ繕うとする。しかし、こんなときでも、「今、会社の現状は、こうなんだ。そのために我が部は、なんとしても売上を達成しなければならない。残念ながら、売上達成のためには、既存顧客だけでは賄うことができない。新規契約と新規開拓が必要なんだ」と、しっかりと説明を受けたならば、我々は、やるのではないだろうか。

 

サラリーマンである限り、現在働いている職場が楽しい職場であってほしいと願う。
あまり、「ああだ」「こうだ」と注文をつけすぎると、現場で働く人は、楽しくなくなる。
毎日が憂鬱になり、やがては職場を去っていくかもしれない。
組織を改革、改善することは非常に重要なことだが、そこで働く従業員に、つまらない、面白くないと思われたら終わりなのである。
それが、厳しいサラリーマン社会の現状だと言う人もいると思うが、そんな会社や組織で成果が上がるとは夢にも思えないのである。
是非、あまり多くの注文を出さない。それよりも背景説明をしっかりやるということを考えてもらいたい。

 

 

 

 

(参考)『サラリーマンの本質』第二議題「現場への指導は三つのみ」、第三議題「組織への間違った指導」、そして第六議題「営業の本質』の中の「間違った営業指導」を是非、ご参照いただきたいと思います。
本題でも触れましたが、サラリーマンは、すべての業務において、腑に落ちさえすれば自然に動きます。その作用が起こるのを待つということが非常に重要な気がします。
その例の一つとして、『営業の本質』の中で、営業マンが、「営業とは何か」を理解することで、自然と具体的な行動を起こし、自発的に成果を求めていく過程を示しています。
ここには、「新規」「提案営業」「紹介営業」という言葉はいりません。これを言われると、やらされ感が強くなり結局は続きません。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です