いいハンコの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは、服や靴、ネクタイ、スカーフ、ベルト、財布、名刺入れなどは、自分が気に入ったものを選んでいるが、ハンコについては、自分が気にいったという感覚がない。
多くの人は、仕方なく、買ったり、作ったりしている。
つまり、私たちは、いいハンコというものが、どういうものなのか、わからないでいる。

 

デパートなどに入っている印章店に目をやれば、そこは茶色と黒の無機質な世界だ。
間違っても、用がなければ立ち寄らないだろう。
おまけに、茶色と黒を中心とした印材に凝る人までいて、印相なんていうことまで言われる。
どこをどうとっても、楽しくないのがハンコの世界だ。

 

 

ハンコの世界をマニアックにしているのは、印材によるところ大である。
この印材を克服しない限り、そこから先、一歩も楽しくないのがハンコの世界でもある。

 

印材について、ここで詳しく述べるつもりはないが、大きく分けて、柘植(つげ)、白檀(びゃくだん)、黒檀(こくたん)などの木材系、黒水牛などの動物の角・牙系、最近はやりのチタンなどの金属系、そして100円ショップなどのハンコに見られる樹脂系がある。

 

これだけ聞いても、全然楽しくないと思うので、ちょっと発想を変えてみよう。
下の2枚の画像はAmazonの商品例であるが、あなたは、この2枚の画像を見て、どう思うだろうか?
参考例1は、黒水牛に蒔絵がほどこされたハンコである。実際に見ると、叫びたくなるほど、きれいだ。
参考例2は、いまはやりのチタンに色をつけている。色もいろいろある。
銀行の口座ごと、色を替えるなんて、楽しい発想も浮かんでくる。
ハンコの専門家に怒られてしまうが、こういうハンコを選ぶと、自分のハンコ、持っていて楽しいという感覚になると思う。

 

あなたには、自分の好きな印材を発見するという感覚で、ハンコを選んでもらいたい。
デパートなどに入っている印章店のケースの中をじっくりのぞいてもいいし、Amazonなどの販売ページを何枚もめくってもいい。
見栄や外聞を考えず、ひたすら、あなたの好みを追いかけてもらいたい。

 

実は、ハンコに凝る一部の人たちは印材自体が好きである。
私も、琥珀(こはく)樹脂で作られたハンコを見ていると、夢の世界に入ってしまう。オランダ水牛も好きである。

 

印材の最高級は象牙だが、世の中はうまくできたもので、「ハンコは象牙だ」と言い切る人もいれば、黒水牛をこよなく愛する人もいれば、「木のハンコは息をしている」と絶賛する人までいる。
つまり、印材は、まったく好みの世界だということになる。
そうは言っても、合成樹脂でできたハンコはなるべく選ばない方がいい。安っぽく見えることもあるが、ハンコの枠がすぐにかけてしまうからだ。
黒水牛などのハンコは、かけにくいということは覚えておいてもらいたい。

 

次に、あなたが気をつけるものといえば、書体だ。
ハンコの書体は大きく分けて、楷書体、行書体、古印体、隷書体、篆書(てんしょ)体、印相体があるが、好みの書体も人によって異なる。
ここも、あなたに一番しっくり来る書体を選ぶことだ。
書体がしっくり来ないと、そのハンコは使わなくなるので要注意だ。

 

最後に、ハンコの大きさを考えてもらいたい。
これも、大き目なハンコを好む人もいれば、小さ目なハンコを好む人もいる。
私は、拙著の中で、認印は12ミリを基本にしてもらいたいと書いた。
女性は10.5ミリでもおかしくないが、男性は10.5ミリだと、押した印がちょっと心細く見える。
管理職だったら、12ミリの印を基軸に、決済用の13.5ミリも持ってもらいたい。
ちなみに、15ミリ以上は実印サイズと考えてもらいたい。

 

あなたの好みで、印材ー書体ーサイズまで考え、選んだとしたなら、そのハンコは、あなただけのハンコである。
可能性からいっても、あなたと同じハンコを持っている人は、皆無に等しい。

 

「あなたがいい」と思ったハンコがいいハンコなのである。
あなたがいいと思ったハンコは大事にするし、ていねいに押す。

 

そうなると、どうなるか?
人と差がつくのである。
こんなところで、人との差が生まれてくる。

 

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方 より抜粋

 

 

柘植のハンコ

 

 

参考例1:蒔絵がついたハンコ
ご印鑑 蒔絵(花) 黒水牛(高級芯持) 【コスモス】 手彫り仕上げ 12mm
ご印鑑 蒔絵(花) 黒水牛(高級芯持) 【コスモス】 手彫り仕上げ 12mm

 

 

参考例2:カラーメタルのハンコ
個人用認印 カラーチタン印鑑(鏡面)ライトブルー 13.5mm [wk050]
個人用認印 カラーチタン印鑑(鏡面)ライトブルー 13.5mm [wk050]

 

 

 

いいハンコの選び方&印象がよくなるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書 http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください