エスカレーターでスマホはマナー違反か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
エスカレーターでスマホはマナー違反か?

 

エスカレーターに乗っていて、前にいる人がスマホに夢中になっていたために、電車に乗り遅れたという経験はないだろうか?

 

そんなとき、「電車がホームに入ってきているのに、なぜ後ろの人のことを考えないで、悠然とスマホをやっているんだ!」と無性に腹立たしくなってくる。

 

それでは、前でスマホをやっていた人に、どういう行動を期待したのだろうか?
電車がホームに入ってきているのだから、その人にも早くエスカレーターを降りてもらいたかったのではないだろうか。

 

しかし、エスカレーターを駆け下りることは禁止なのである。
(記事参照:「エスカレーターの「立って2列」は本当にマナーなのか?」http://shinyuri-souken.com/?p=35736

 

ということは、エスカレーターで乗っている以上は、スマホをやっていようが、やっていまいがマナー違反ではないということになる。
そうは言っても、電車に乗り遅れた人の心はけっして納得していない。
こんなことが日本中で起きているのである。

 

私も、この問題に悩んだ一人である。
私はエスカレーターでスマホ夢中になっている人のその後の動作を追ってみた。

 

ほとんどの人が、エスカレーターを降りてからもスマホをやっている。
つまり、エスカレーターを降りてからも、スマホに夢中になっているから動作が緩慢なのである。
その動作の影響を受けて、電車に乗り遅れた人も多い。
最近は、電車に乗るときまでも、スマホをやっている人が多い。

 

 

こうなると、話は違ってくる。
駅構内は、電車に乗り降りする、そのために移動するという目的のためにある。
電車への乗り降り、移動を阻害しているとなれば、これは、人の迷惑になっていることであり、マナー違反だと思う。

 

 

最近、ハワイのホノルル市で道路横断中の「歩きスマホ」を禁止する条例が施行されたことが話題になっている。
この背景には、アメリカでは2016年に歩行中の事故で死亡した人が5,987人もいて、その原因の1つが「歩きスマホ」だったことがある。

 

エスカレーターでスマホに夢中になっている人は、エスカレーターを降りるときも足元を見ないことになり、たいへん危険である。
また、そのままの動作でホームを歩くと「歩きスマホ」となる。
そうすると、ホームから転落するという事態にもなりかねないし、他の人は電車に乗り降りする、移動することに集中しているわけだから、それらの人と接触し、転倒するおそれもある。

 

つまり、エスカレーターでのスマホは、エスカレーターを降りてからもスマホを見るという動作が継続されるため、たいへん危険である。
駅構内でスマホを見るときは、人が移動していない場所で立ち止まって見ることが必要である。そうすれば、その人のためにも安全だし、移動する人の迷惑にもならない。

 

 

いま、社会は大きく変化している。
スマホだけでなく、キャリーバッグもここまで普及するとは誰も思っていなかった。また、レジでポイントカードを提示するのが当たり前の世の中となっている。
ということは、マナーも変化しなければならないということになる。
正直、マナーは社会変化に追いついていない。どこまでも礼儀、作法、印象を重視し、同じところをグルグル回っているような気がする。
これからの時代、マナーもセキュリティと高齢者化時代を強く意識しないと時代から取り残されてしまう。

綾小路亜也

 

 

(参考記事)
キャリーバッグのマナー
http://shinyuri-souken.com/?p=34984

レジに並ぶときのマナー
http://shinyuri-souken.com/?p=35495

 

 

 

このような場面のとき、前でスマホに夢中になっている人がいると、電車に乗り遅れてしまうが……

 

 

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合丘総合研究所の「こっそり差をつける」本のシリーズ

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
http://shinyuri-souken.com/?page_id=33866(「おすすめの本」)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です