出世する人は質問の変化に対応できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
出世する人は質問の変化に対応できる

 

これから学生たちとの就職面接が始まろうとする前に、採用担当リーダーは面接担当者を集めて「質問を大きく振ってください」と念押しする。
これが採用面接の裏舞台である。

 

「あなたが学生時代に一番取り組んできたものは何ですか?」と学生が答えやすい質問を投げかけたあとに、
「現在の先進国がとっている金利政策をどう思いますか?」「先日のサミットの議長国声明について、どう思いますか?」などと質問を大きく変える。

 

予期せぬ質問に学生は当惑する。しかし、採用担当者は予期せぬ質問についてこられるかどうかを見たいのだ。

 

もちろん、質問に対する答えの内容を問うものではない。そんな難問は、質問者自身も答えられないし、経済学者や日銀の委員でも意見は割れる。

 

知識だけを頭に詰め込んできた学生は、顔を赤くしおろおろするばかりで、ひと言も答えられない。
だが、少しでも、自分の頭で考えるクセがついている学生は「なにか」を言うことができる。
「ものすごく低い気がします」「次の一手がなくなります」「本当に、世界経済は景気が悪いのかと思うときがあります」……。

 

要は何でもいいのである。自分が感じていること、思っていること、自分の頭にあることを、そのまま言えばいいのである。

 

 

しかし、就職面接に訪れる学生だけでなく、ビジネスパーソンも、上司から、急に「どう思う?」と聞かれて、答えられない。
ここが、出世の重要ポイントなので、拙著『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』でも取り上げた。
この問題は、出世を目指すとき、けっこう難問なのである。

 

この問題に対する私の見解を言うと、学生の就職面接ではないが、自分の思っていること、感じていることを、そのまま話せばいいと思う。
上司が人に意見を求めるときは、たいがい自分の頭の中には答えがおぼろげながらある。だが、答えへの確証がつかめないから人に聞いている。
だから、どんな意見でも参考になるのである。

 

そうは言っても、自分の思っていること、感じていることを話すことも、けっこう難しい。
それには、自分の頭で考えたというフィルターのようなものが必要であり、常日頃、自分の頭で考えていなければ、咄嗟に浮かぶものではないからだ。

 

自分の頭で考えるためには、人の意見やビジネス書に書いてあることを「本当にそうなのか?」と懐疑的に考えることが必要である。
懐疑的に考えることにより、自分の頭に置き換えることができる。

 

ここで、みなさんに、とっておきの本がある。それは漆原直行氏が書いた『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない (マイナビ新書)』である。

 

漆原氏はビジネス書を読むときは、ノリ・ツッコミのような感覚が必要だと言う。
「ほうほう」「なるほど」「そうやね」「ん?」「そんなワケあるかいっ!」
「ん、なにそれ? 結局何が言いたいの?」「そう感じるのはオマエだけだろ」「どうしてそういう結論になるのかなぁ~」
「はいはい、自慢ですね」「よくまぁ、臆面もなく書けるもんだよ」……。
こうしてビジネス書を読めば、自分の頭に置き換わることは間違いない。

 

 

みなさんは、できる人や出世した人が、感じたままの意見を言っているのを聞いたことがあると思う。そして、そんな意見を聞いてひやりとしたこともあるはずだ。
だが、その人たちは、常日頃、自分の頭で考えているクセがついているから、意見を求められたときも、すぐに答えられるということ、また、自分の頭で考えているという自信があるから、ありのままの意見を言えることをを見逃さないでもらいたい。
ここにも出世のカラクリのようなものがある。

 

そして、私から、みなさんににひと言。
自分の頭で考えて感じたことは、たいがい、ものごとの本質のようなものを突いている。
「どこか変だ」「しっくりこない」「なんとなくおかしい」は、たしかに何かがおかしいのである。そして、そんな感覚はあっていることが多い。
そして、そんな感覚こそが、上司や会社が求めているものなのである。

 

だから、みなさんは自分の頭で考えて感じ取ったことに自信を持って、どんな質問に対しても、自分の思ったままの意見を言ってもらいたい。
そうすれば、出世・昇進は近づいてくる。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

 

◆仕事・営業・印象アップのコツ

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
http://shinyuri-souken.com/?page_id=33866(「おすすめの本」)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です