学びと経験のない人の意見は思い込み

このエントリーをはてなブックマークに追加
学びと経験のない人の意見は思い込み

 

思いつきは重要である。
しかし、思いついたことに、学びと経験がないと、それは単なる思い込みになる。
難しいところだ。

 

そうすると、同じところをいつまでもグルグル回っていることになり、すべての事象を自分の思いつきで、当てはめてしまう。
いわゆる演繹してしまうということだ。

 

人は、そこに思考の狭さというものを感じる。
この状況を脱する道は一つしかないように思える。
それは、学び続けることだ。実際にやってみて、そこから学ぶという道もある。それは経験だ。

 

学び続けるということは、自分の考えを検証することになる。
ここで、思いつきをさらに発展していった方がいいのか、それは単なる思い込みなのかがわかってくる。

 

そして、学べば学ぶほど、自分の知識の至らなさを知り、至らないと思うことが、思考の幅を広げていく。

 

私は、ビジネスマン、ビジネスウーマン向けに出世の本を書いたことがあるが、出世にはコツがあるが、最終的には、学び続ける人が収まるところに収まるような気がする。
学び続けることで、検証力を高めることができるからだ。
検証力を伴った意見と、そうでない意見とはまったく重みが違う。

 

学ばねばならない。学ぶことにより、自分の知識の至らなさを知らなければならない。
学んだことをやってみなければならない。やってみて、また学ばなければならない。
自分の考えが正しいと思い続ける人よりも、学び続ける人に学ばければならない。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です