いまさら、ハンコと思っていたが……

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がハンコの本を書くと言ったら、「そんな本、誰が読むんだ」と、みんなから反対された。

 

その理由はシンプルで、「いまさら、ハンコ……」だからである。

 

著者の私が言うのもたいへんおかしいが、読者のみなさんも、そんな気持ちをお持ちではないかと思い、ハンコの記事は、できる限り他の記事に挟みながら紹介しようと考えていた。

 

ところが、ハンコのことは誰も教えられたことがないから、記事を紹介してみて、意外に反応があることに驚いた。

 

そのとき、私は、はたと自分の原点に立ち帰ったような気がした。
私は、どうしてもビジネスパーソン向けにハンコの本を書きたかった。
しかし、書き出してはあきらめ、またチャレンジしてはあきらめるということを、ここ数年繰り返してきた。
それは、ハンコの本を書こうにも、既存の本などはほとんどなく、材料が乏しかったからである。

 

私は、今度はハンコ屋さんに座り込んだり、ハンコの自動販売機で、何度も自分のハンコを作ったりした。
また、違うサイズのハンコを作ったり、書体の違うハンコも作ってみた。
その結果、なんとか本のレベルまでまとめることができた。

 

私が、なぜ、ハンコにこだわったかというと、ハンコはビジネスと密接に関わりあっているからである。
人の印象とも、深く関わりあっている。
そして、嫌な表現にはなるが、企業に勤める人にとっては、人間関係とも昇進、出世とも関わりあっている。
そんなことをお伝えしたかったことが、私の原点であった。

 

考えてみれば、私がビジネスマナーの本を書いたときも、よく言われているビジネスマナーのポイントは、実際のビジネス感覚とは、だいぶずれているということをお伝えしたかった。
また、出世の本を書いたときも、昇進、出世には、能力以上の要素が大きく存在し、その要素とは何かをお伝えしたかった。
行き詰らない営業の仕組みを作ることが、営業の本質ではないかと考え、営業の本を書いた。

 

そんな私の原点に立ち帰って、ハンコの記事については、連載したいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
これから、ハンコのサイズや書体による印象の違い、商売繁盛につながる角印の押し方、役職印の使い方などの話に入っていきます。

 

極めつけは、最後の印象についての記述です。
人の印象は、私たちが気がつかないところで生まれている、という衝撃的な結びとなっていますので、期待してください。

 

 

本の中でも紹介しているハンコの自動販売機

 

 

 

 

2017.07.25発売!
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

綾小路亜也の
こっそり差をつける本のシリーズ

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です