「記名押印」=「署名」だからハンコを押す意味がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
「記名押印」=「署名」だからハンコを押す意味がある

 

なぜハンコを押さなければならないのか、頭をよぎったことはないだろうか?
実は、ハンコを押すことには法律的な意味がある。
ここをクリアーしないと、気持ちの問題として、ハンコはきれいに押せない。

 

ビジネス文書では署名することは少なく、ほとんどワープロで印刷された氏名の横にハンコを押す。
これを「記名押印」という。

 

この「記名押印」には法律的な意味がある。
署名した場合と同じ効果がある。

 

署名するということは、なによりも本人であることを証明している。
それでは記名だけではどうだろうか?
ほとんどの場合ワープロ印刷だから、本人が記名したという確たる証明にはならない。

 

だから印が必要なのである。押印することによって自署した場合と同じ効果を持つ。

このことは法律に示されている。

商法三二条
「この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる」

つまり、「署名」=「記名押印」ということになる。

 

このことが、ビジネスパーソンがハンコを使用する原点になっている。

 

そして、その上で文書は誰が書いたかということが非常に重要だということを、考える必要がある。
書いたということは、「この内容で間違いありません」「この内容について私が責任を持ちます」ということを意味している。
「私がこの書類を書きました」ということを、記名とともに印が大きな役割を果たしていることに着目してもらいたい。

 

そんな中で書類を受け取った相手が、無造作に押された印、形だけ押された印、頼りなく見える印、あるいはシャチハタで押された印を見たとき、どう思うか考えてほしい。
そんな印は、とても「この内容で間違いありません」「この内容について責任を持ちます」と語っていないではないか。

 

つまり、企画書や報告書の価値は、その表紙にある印を見ただけでほとんど決まっている。
だから印は重要なのである。

 

 

私たちは、人が押したハンコについて、本能的に印象を持つ。
そして、その印象は当たっている。

 

ビジネスパーソンがいくら印象アップに努めたとしても、毎日のように押すハンコに、「記名押印」=「署名」の意味あいを見出せないと、まさに「頭隠して尻隠さず」の状態になる。

綾小路亜也

 

近日発売の『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』より

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.25発売!
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

 

印象大逆転を考える本のシリーズ

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

※注目は人が気づかないところで生まれる
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※もう振り回されない!
やっと出会えた!と思える営業の本
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です