西洋芝は難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

植木屋さんに言わせると、私は典型的な芝生コンプレックスらしいのだ。
そして、私のような人は、けっこう多いという。

 

私は東京の下町育ちのため、庭には縁がなかった。ところが、小学校のとき、南青山に住む友達の家を訪ねて、驚いた。
西洋芝が青々と茂っていたのだ。私は世の中で「こんなにきれいなものはない」と思い、それから私の芝生コンプレックス人生は始まった。

 

ところが、西洋芝は育てるのが難しい。それは、夏に弱く、枯れてしまうからだ。
私は、そんなことを10年以上もやっている。
毎年泣き出したい気持ちになり、放りだしたい気持ちにもなる。
しかし、私は一週間の内、半日以上芝生のために時間を割いている。本当に自分の馬鹿さ加減にあきれる。

 

これから芝生をと思っている人に、参考にならないかもしれないが、私の雑感をお話ししたい。

 

・日本の気候には、やはり高麗芝が合っている。高麗芝は西洋芝とは逆に夏に最盛期を迎える。
最近の高麗芝は品種改良されており、本当にきれいで、私が次に芝生というときには、迷わず高麗芝を選ぶ。

・西洋芝も高麗芝も日陰では育たない。

・西洋芝の種を春に蒔いても、夏を乗り越えられない。種を蒔くなら秋。秋なら育つ。

・水はけも重要。できれば排水溝を作る。

・市販されているロールターフを敷くのが手っ取り早いと思うかもしれないが、2-3年すると枯れることが多い。(私も経験)
・1週間に1度かならず芝刈りをする。伸びきってから刈ると枯れる。

・成長期には二週間に一度肥料をやる。

・クローバーなど横に広がる雑草は、早いうちに除去する。

・そして、ゴルフをされる方へ
名門カントリーでやる機会があったら、ぜひ芝生を見ていただきたい。長い年月を経た芝生なので、他のゴルフ場よりきれいなはず。

 

以上述べたことは序の口であり、そんな時間があれば、他に活用できると考えるのが自然。

 

 

最後に、最盛期を迎えた私の家の芝生を紹介いたします。

 

西洋芝の代表格ケンタッキーブルーグラス。(西洋芝の中では夏に強いと言われているが……)

 

 

ちょっと、肥料が足りないのかもしれません。

 

 

バラ(アンジェラ)も満開

 

 

 

 

印象大逆転を考える本のシリーズ

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です