前任者の壁

このエントリーをはてなブックマークに追加
前任者の壁

 

ビジネスマンやビジネスウーマンには乗り越えなければならない壁がある。

 

その一つが、前任者の壁である。

 

みなさんが新しい職場、新しい職務に就いたとき、この前任者の壁は、かならず立ちはだかっている。
みなさんは、得意先や職場の人が前任者の話題を出すとき、ちょっと複雑な気持ちを覚えるはずだ。

 

それは、得意先やみなさんの職場の人は、みなさんより、まだ前任者を身近な存在としてとらえているからだ。

 

だが、みなさんは、前任者から引き継ぎを受け、前任者のあと処理をしてみて、前任者の姿が得意先や職場の人が話す内容とは違うことを知っている。
だから、余計に前任者の話が気になる。

 

 

結論から言えば、この解決法は一つしかない。
時の流れを待つことである。

 

考えてみれば、得意先や職場の人が、前任者のことを話題に出すのは、みなさんより前任者のことを知っているからだ。

 

しかし、時が経つにつれ、得意先や職場の人は、次第にみなさんの人となり、仕事の進め方を知るようになる。
そうすると、得意先や職場の人は「いま」を大事にするに決まっている。
その結果、次第に前任者の話題は消えていく。

 

だから、新しい職場で、新しい職務で、みなさんは前任者の壁を感じたとしても、気にすることはない。
そして、みなさんを安心させるわけではないが、この壁は日本国中のビジネスマン、ビジネスウーマンがぶつかった壁でもある。

 

 

だが、ビジネスの世界には、目に見えないマナーのようなものが存在する。
それは、前任者のことを悪く言わないということである。

 

前任者の仕事ぶりを知り、前任者の後始末に追われている人は皮肉の一つも言いたいところだが、ここは自分の口から言わない方が賢明と思う。

 

それは、前任者と得意先、職場の人との結びつきは、わからないからである。
仮に親しかった場合、前任者の悪口を言われると、言った人のことをよく思わなくなる。

 

逆に、前任者と得意先、職場の人との関係が上手くいっていなかったこともある。
注意しなければならないことは、いずれの場合も、みなさんにとっては、よくわからない世界だということである。

 

だから、前任者のことを、自ら話すことなく、人の話に耳を澄ましていた方が賢明ということになる。

 

そして、不思議なことは、前任者のことをよく思っていた人も、よく思っていなかった人も、あまり前任者のことを話されると嫌気がさすということである。
つまり、嫌われるということである。

 

 

ビジネスの世界では、ビジネスマナーの本に書かれていることで失敗することは、ほとんどない。
ビジネスマナーの本に書かれていないところで、失敗する。

 

「前任者の話題を避ける」-私は、これも隠れたビジネスマナーと思い、拙著『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』 の中で取り上げた。

 

ビジネスの世界では、前任者の話題が自然に消えていくのを待つということも、私は必要ではないかと思っている。
みなさんは、そんなことも考えて、ビジネスの世界の5月病とも考えられる「前任者の壁」をぜひ乗り越えてもらいたい。

 

この壁を乗り越えると、みなさんが意識しなくても、得意先や職場の人の関心はみなさんに集中する。
それまでの辛抱である。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

 

 

人に知られず、人が気がつかないところで成功をつかむ本のシリーズ

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※人が気づかないところで「差」をつける
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※ひそかに自信を持つために
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

おすすめのビジネス書

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です