余裕を感じさせる人が出世する

私は拙著の結びに、部下の仕事を待てる人が出世するのではないかと書いた。
しかし、この「待つ」という動作は非常に難しい。

 

そして、待つという動作は、けっして部下の仕事だけではない。

 

たとえば、みなさんは、会議で自分が意見を持っているとき、そして他の人も意見を持っているとき、待てるだろうか?
早く自分の意見を言っておかないと、他の人も同じ意見だった場合、なにか先を越されたような気がするのではないだろうか。

 

また、自分が何かの知識を習得した場合、その知識を口にするのを待てるだろうか?
これも、人が言う前に、自分が話しておきたいと思うのではないだろうか。

 

エレベーターで、他の人が降りるのを待てるだろうか?

 

エスカレーターに乗るとき、人が先に乗るのを待てるだろうか?

 

そして、仮にこれらの質問にことごとく「YES」という人がいたならば、その人をどう思うだろうか?
きっと、その人に、なにか「余裕」のようなものを感じるのではないだろうか。

 

そう考えたとき、みなさんに閃くものがある。
それは、上に立っている人は、そんな人が多いということである。

 

そう、人に余裕を感じさせることができるか否かが、いまの時代、出世の大きな要素になっている。

 

しかし、みなさんは心の内には、きっと納得しないものがあると思う。
それは、この「待てる」という動作は、「できる」ということとは、まったく違うからである。

 

たぶん、みなさんは、この記事が目に留まっているくらいだから、きっと「できる人」だと思う。
「できる人」だから、さらに「できる人」に向けて磨きをかけていく。

 

会議の前には論点を見極めようと考えるし、自分だけの意見を模索する。
また、オフには英会話スクールに通ったり、TOEICを受験する。
そればかりでなく、ビジネス書も片っ端から読み、ちょっとでも変わった意見があると、付箋を貼り、なにかのときに備える。

 

それらの行為はすばらしいことである。
しかし、私は、みなさんには「できる人」+「余裕を感じさせる人」になってもらいたい。

 

そして、そのきっかけとして、先ほど述べた、エレベーターでは人を先に降ろす、エスカレーターに乗るときは人を先に乗せることを心がけてもらいたい。
つまり、1秒でも2秒でも、待つということを実践してもらいたい。
そんなことを繰り返していくと、みなさんは、きっと単なる「できる人」ではなくなっている。

 

綾小路亜也

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です