部下のそのミスは、決定的なミスなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
部下のそのミスは、決定的なミスなのか?

 

上司は部下からミスの報告を受けるのは嫌なものである。
しかし、その際、考えなくてはならないことがある。
それは、そのミスが決定的なミスかどうかということだ。

 

「そのミスが決定的なものか」考えることにより、上司の頭は整理される。
もちろん、そのミスの中には、至急社外の対応をしなければならないこともある。また、セキュリティに絡むミスも至急対応する必要がある。

 

しかし、ミスの大部分は社内あての文書の内容が違っていた、日付が違っていた、計算が違っていた等、訂正という処置で解決可能なものが多いのではないだろうか。
つまり、決定的なミスではないことが圧倒的に多いはずである。

 

ところが、ここで上司の受け止め方が分かれる。
それは、社内向けのミスゆえに、かえって許せない上司もいるからだ。

 

その理由はなんだろう?
一つには、ミスを訂正し、発信するのが面倒くさいという理由がある。
また、報告をし直す場合はきまりが悪いということもある。
そして、訂正をすることで、自分の体面が傷つくと考えることもあるのではないだろうか。

 

つまり、問題は、面倒くささ、きまりの悪さ、体面が傷つくことを上司がすぐに受け容れることができるかどうかにかかっている。
しかし、それは口で言うのは簡単だが、なかなか難しいことである。

 

それは上司のプライドとも深く関わるが、それよりも、上司は、部下のミスを報告することで、自分の部下指導、仕事の確認など上司としての素養を疑われるのを、おそれるからである。

 

その上司の気持ちをもっと掘り下げると、部下のミスを報告することで、自分に×がつくのが嫌なのである。
そのことにより、自分の出世が妨げられるような気がして嫌なのである。

 

たしかに、部下のミスが少ない上司、すなわち組織としてミスが少ない上司は、上からも会社からも組織マネジメントができていると評価され、昇進することが多い。
しかし、その先、さらに出世するかというと意外に足踏みしてしまうことが多い。

 

それは、理屈の世界ではなく、実態として、ミスをあまり気にかけない上司の方が、一定のポジションから先に進むことが多いからである。
たぶん、会社は、組織の雰囲気、部下の発言のしやすさというものを、一定ポジションからは重視しているからだと思う。
また、そんなミスよりも、重要な課題に対する取り組み姿勢を、より重視するからだと思う。

 

私は、ここにも出世のカラクリのようなものが存在していると思う。

 

それでは、どうするかである。
それは、部下のミスを決定的なものであるか考え、決定的でないと思えた場合は、あまり気にしないことである。

 

綾小路亜也

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※こっそり人に差をつけるために
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※こっそり自信を持つために
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

おすすめのビジネス書

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です