二番手集団に会社が想う本命がいる

このエントリーをはてなブックマークに追加
二番手集団に会社が想う本命がいる

 

昇進を考えるとき、知っておいていた方がいいことがある。
それは、会社は心の内を明かさないということである。

 

みなさんは、同期が自分より先に昇進したとき、言いようのない気持ちになる。
「やはり、あいつが」と思う同期がいるかと思えば、「なぜ、あいつが」と思う同期もいる。

 

実は、みなさんが、そう思う気持ちに昇進の秘密が隠されている。
しかし、当事者たちは、そのことに気づかない。

 

それは、会社は「やはり、あいつが」と思う人を選び、「なぜ、あいつが」と思う人を、昇進の一番手として選んでいるからである。
つまり、「やはり、あいつが」と思う人と「なぜ、あいつが」と思う人をペアで昇進の一番手にしている。

 

会社の狙いは、その効果にある。
「やはり、あいつが」と誰もが思う人を昇進に一番手にすることにより、「オレも、負けてなるものか」という気持ちを、異動の発表を見た人に抱かせる。
一方、「なぜ、あいつが」と思う人は、「よくやっている」人である。
会社は「なぜ、あいつが」と思う人も昇進の一番手にすることで、「頑張れば、オレも課長や部長になれる」という期待感を、異動の発表を見た人に抱かせる。

 

これが、昇進のカラクリである。
「やはり、あいつが」と思う人は、そのまま先頭集団を歩き続けることも多いが、途中で挫折してしまうことも多い。

 

しかし、会社が心の内で大事に想う人は、二番手集団にいる。
大事に想うから、じっくり仕込む。実力が蓄積していくのを待ち、いいポストが空くのを待つ。

 

そんなことを考えると、ものごとが見えてくる。
昇進一番手となった「やはり、あいつが」と思う人は、小振りの部署や開拓型の部署の長になっていることはないだろうか?
それに比し、二番手集団から昇進した人は、陣容がしっかり整った組織の長になることが多いのではないだろうか。

 

昇進一番手となった「やはり、あいつが」と思う人は、早期完成型であり、会社が放っておいても、自分の道を歩むことができる人である。
それに比し、昇進二番手は熟成型の人たちだと言える。会社と共に、じっくり実力を蓄えながらステップアップしていく人たちである。

 

そして、三番手集団に会社が想う本命の人がいることもある。
それは、会社が、ひたすら本命の人が就く部署の空きを待っている場合である。

 

だから、みなさんは、同期の昇進を目にし、腐って酒を飲んでいる場合ではない。
そして、これを、会社の「ひいき」と勘違いしてしまう人もいる。それも、まったく0ではないが、そう思うと自分で自分をダメにしてしまう。

 

ビジネス社会は、なんだかんだ言っても実力社会である。
実力を蓄積していくことが、出世の王道である。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

 

参考にしてください

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です