意見の切り出し役になる

上司などから意見を求められたとき、その場で意見を言える人と、すぐに意見を言えない人がいる。

 

もちろん、すぐに意見を言える人が、一目置かれることは間違いない。

 

私は、出世する人は、どんな場合もその場で意見を言える人だと考えている。
また、意見を言うことに躊躇わない人だと思う。

 

それは、少なくとも聞く側は、意見を言うのを躊躇いぐずぐずしている人よりは、スパッと言う人の方を好むに決まっているからである。

 

 

さて、そんなことも踏まえて、私はここでみなさんに一つアドバイスを送りたい。

 

それは、「意見の切り出し役」になるということである。

 

たとえば、上の人が多くの部下から意見を求めるときに、みなさんにはその役を務めてもらいたい。

 

これならば、みなさんの気持ちは軽くなる。

 

また「意見の切り出し役」だから、どんな意見を言ってもかまわないということにもなる。

 

しかし、意見を聞く側からすると、これほどありがたい存在はない。
それは意見がないことには議論や会議は進まないからである。

 

そんなとき「意見の切り出し役」が一人いると、上の人は助かる。「意見の切り出し役」の意見を契機に、次々と意見が出るからである。

 

そして、「意見の切り出し役」になるという意味はほかにもある。

 

それは、「意見の切り出し役」になるということは、少なくともその場や組織をリードしていることになる。

 

そんな姿を上の人は評価しないわけがない。

 

その姿は、組織を任せてもやっていける人と映るはずである。

 

 

 

『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』から抜粋 (第三章から)

本の目次
http://shinyuri-souken.com/?page_id=36873

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください