出世する人の異動ピッチは短い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 出世で苦戦している人は、一般的に異動から異動までの期間が長い。

 

言い換えれば、一つの部署での在籍期間が長い。

 

だが、一つの部署での在席期間が長いと言っても、それは担当者時代にはあまり問題にならない。むしろ優秀な人はそんな傾向になる。

 

しかし、担当者時代を卒業し、管理職をめざすあたりから、一つの部署の在席期間は問題になってくる。

 

それは、昇進の問題がクローズアップしてくるからである。

 

そんな時期からは、一つの部署での在席期間が長いと、いったんチャンスを逃した場合、次のチャンスまで年月を要することになる。

 

そのことにより、昇進のタイミングが、いつの間にかずれてしまう。

 

しかし、反対に一つの部署の在籍期間が比較的短い人、すなわち異動ピッチの短い人は、たとえチャンスを逃したとしても、次のタイミングが比較的早く訪れる。そのことにより、まだ昇進のチャンスは残ることになる。

 

また、異動ピッチが短い人は、異動の都度、昇進選考の場に立つことができるから、昇進の可能性も高まる。

 

出世で苦戦しているということならば、次のタイミングまでの異動ピッチを短く取ることが必要になる。それが挽回である。

 

そして、異動のピッチが短いということには、もちろん別の意味もある。

 

 

『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』から抜粋
(第一章から)

本の目次http://shinyuri-souken.com/?page_id=36873

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

スマホで読む方法

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のビジネスマナーの本

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※営業女子がポイントゲッターになる方法
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
目次を参照してください。

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です