恐縮しすぎるのもマナー違反?

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、名刺を切らした場合の対応について、ある週刊誌の記者の方からの取材を基にお話しした。
しかし、実は、その方のお話には、まだ続きがあるのである。

 

その方は、「若いビジネスマンは、名刺を切らしたことを、よほど気にしたと見えて、何度も何度も私に謝るのです」とお話しされた。

 

この話を聞いて、みなさんはピンと来ないだろうか?

 

それは、週刊誌の記者の方は、何度も何度も謝れたことも、不快に感じているということである。
そして、そのビジネスマンは、そんな相手の感情を察することなく、「名刺をあとで送らせていただきます」と言っているのである。

 

しかし、私は、その若いビジネスマンの気持ちも痛いほどわかるのである。
それは、そのビジネスマンは、きっと、ビジネスマナーの本をかなり熱心に読んだのだろう。
そして、自分が名刺を切らしたことを、たいへんなこととして受け止めたからだろう。

 

きっと、ビジネスマナー違反がコンプライアンス違反と同等のように思えたのだろう。
だから、何度も何度も謝ったのだと思う。

 

しかし、そのビジネスマンの方には、もう一歩、そこから考えてもらいかったと、私は考えている。
それは、私がビジネスマナーについて、いつも語る相手の気持ちである。

 

きっと、何度も何度も謝れる相手は、(もう起きちゃったことなんだから、仕方がないじゃない)と思っているはずである。
もっと言うならば、それを、うじうじ言われること自体に腹が立ってくるのではないかと思う。

 

私は、ビジネスマナーの先生方からはお叱りを受けるかもしれないが、ビジネスマナーを完璧にこなすことは、難しいというより、不可能に近いと思っている。
しかし、自分がビジネスマナーに反したと気づいたときは、心から失礼を詫びる必要があると思っている。

 

だが、その失礼に、あまりこだわってばかりいると、相手は不快になる。
だから、私は、失礼を詫び、その失礼と早く決着をつけることも、ビジネスマナーだと思うのである。

 

さて、私は、多くのビジネスマナーの本を読んで、けだし名言と思ったものがある。
それは、以前にブログでも紹介したが、2015.05.04号のPRESIDENTに載っていたアイランド・ブレイン代表取締役 嶋 基裕の「雑すぎても丁寧すぎてもマナー違反」という言葉である。

 

まさに、雑なマナーを受ける人だけでなく、丁寧すぎるマナーを受ける人も不快に感じることがあることを端的に表現していると思っている。

 

そして、その嶋氏の言葉を真似れば、私は、「恐縮しすぎるのもマナー違反」だと思うのである。

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

スマホで読む方法

 

 

綾小路亜也のその他のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です