横浜スタジアムを反対側から見ると……

このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな発見である。
横浜スタジアムは、JR根岸線関内駅南口で降りる。
すると、もう横浜スタジアムが視界に入るはずだ。

IMG_0924HP

ところが、私は、時間に余裕があったため、スタジアムの芝生沿いに反対側に行ってみようと急遽思い立ったのである。
反対側に行き着き、通りまで出て振り返ると「横浜公園」という文字が目に止まった。
そこで、私は、「横浜公園」と書かれた門の中に、来た道を戻るような形で入ってみたのである。
そこで目にしたのが、次の光景である。

IMG_0937HP

日本庭園である。
日本庭園の木の隙間から顔を覗かせているのが、横浜スタジアムである。
まるで、光景が異なるのである。
よく見ると、近所の人たちが、朝のひと時を楽しんでいるではないか。

 

私は思ったのである。
私たちは、横浜スタジアムというと、つい脳裏にイメージしてしまう画像がある。
それは、入り口の画像である。
しかし、反対側から見た横浜スタジアムも、また横浜スタジアムなのである。
よく、「物事は裏からも見なくてはいけない」と言われているが、私は、そのとき、「こういうことだったなのか」と目で実感できたのである。

 

それと同時に、もう一つ重要なことにも気がついた。
それは、物事の反対側、あるいは人の違う側面は、やはり回りこまなければ見えないということである。
私は、たまたま時間に余裕があり、しかも興味もあったことから、横浜スタジアムの反対側を見ることができたが、ものごとの反対側や人の違う側面は、自分から見に行かなければ、やはり見えないとということである。

 

そして、私は朝で頭が冴えていたこともあり、また違うことも考えていた。
それは、この広い敷地自体が「横浜公園」であり、その中に「横浜スタジアム」があるのではないかとも思えてきたのである。
家に帰って調べてみると、まさに私の推論が当たっていることがわかった。

 

すると、私は、たまたま、横浜スタジアムの反対側に回ったから、「横浜公園」という全体像に気がついたことになる。
「全体像ということは、そういうことなのか」とも思ったのである。
これも、私たちは、とかく目を引くものに関心が集中する傾向にある。
しかし、その目を引くものが、全体の一部分にすぎないということも、必ずあるはずである。

 

物事や人は、反対側に回ってみないとわからないのだ。
反対側に回ってみて、初めて全体を理解することもあるのだ。
そして、実際に反対側に回ってみるという努力も必要なのだ。
私は、横浜スタジアムの反対側に回ってみて、やっとわかったような気がしたのである。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です