「できる人」を追い求めるより、「仕事が集中する人」をマークする

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネスマンの生き抜く技術⑧」

 

今、「できる」というタイトルが付いた本は非常に多い。また「一流」というタイトルが付いた本も非常に多い。
そして、この「できる」「一流」というタイトルが付いた本は、売れているのである。
私は、こうした現象の背景には、厳しい格差社会が存在していると考えている。

 

それは、「仕事ができる」「一流」という言葉には対語があるからである。それは、嫌な表現になるが、「仕事ができない」「二流」ということになる。
読者は、「仕事ができる人」「一流の人」になりたいと思い本を求める。
ということは、「仕事ができない人」「二流の人」になりたくないということでもある。
「そんなこと、あたりまえじゃないか」と言う人は多いと思うが、ビジネスマンの経験の長い人は、ちょっと昔のことを思い出してもらいたい。

 

ちょっと昔は、本のタイトルも、「仕事ができる」「一流」というようなストレートな表現をしていなかったはずである。
それが本のタイトルもストレートになり、読者側もストレートな表現のタイトルの本を選ぶということは、時代が変化しているのである。
私は、今のビジネスマンは、薄々、自分の行く道は2つに分かれていくだろうと気づいているのだと思っている。
それだから、「仕事ができる人」「一流の人」を求めているのだと思うのである。

 

さて、問題は、「仕事ができる人」「一流の人」というタイトルが付いた本を読んで、読者は、本当に「仕事ができる人」「一流の人」をイメージできるかである。
ちょっと、眼を閉じて、「仕事ができる人」「一流の人」をイメージしてもらいたい。

 

どうだろうか? ここでくっきりと「仕事ができる人」「一流の人」をイメージできたならば、それはOKである。
きっと、「仕事ができる人」「一流の人」に向かってまい進することができると思うのである。それは、対象となる像があるからである。真似る像があるからである。

 

しかし、私は、多くの人は、(朝早く起きて……、会社に早く着いて……、メールをチェックして……、そして机の上がきれいな人で……、自分の意見をはっきり言える人で……)とそんな共通項らしきものは言えるかもしれないが、その先は行き詰まってしまうのではないかと思っている。

 

しかし、心配はいらない。
実は、私も、毎日のようにビジネス書を読んではいるが、そんなものなのである。
この「仕事ができる人」「一流の人」の正体はけっこう難しいのである。
それは、著者側からすれば、「仕事ができる人」「一流の人」は、自分自身か、あるいは、自分と接した人であるからくっきりとイメージできるが、一般の人にとっては、この「仕事ができる人」「一流の人」は架空の人だからである。
それだから、うまくイメージできないのである。

 

しかし、「一流の人」はともかくとして、「仕事ができる人」は、私たちの周りに本当にいないのだろうか? 真似るべき対象の人は本当にいないのだろうか?
実は、わたしたちは、ある人のことをイメージしているのではないだろうか。
それは、「仕事が集中する人」である。
わたしたちの頭の中には、「仕事が集中する人」は「仕事ができる人」ではないかと認識が薄々あるのではないだろうか?

 

私は今から1年以上も前に「仕事はできる人に集中する」というブログを書いた。
驚くことに、それ以来、毎日このブログへのアクセスは絶えないのである。
私は、この現象は、私が推測するように、多くの読者の頭の中には、「仕事が集中する人」が「仕事ができる人」ではないかという認識があるからだと思っている。

 

そして、重要なことは、「仕事が集中する人」ならば、私たちの周りに必ずいるのである。
得体のしれない像を追い求めるより、実体としての像が存在するわけである。
それならば、この「仕事が集中する人」をマークしない手はない。

 

そして、実はこの「ビジネスマンの生き抜く技術」は、「仕事が集中する人」をマークしているのである。
私は、今まで「仕事の質にこだわるより、とにかく仕事の量をこなす」ということを述べてきたつもりである。
どうだろう? 「仕事が集中する人」は「仕事の量をこなす人」ではないだろうか?

 

そして、実像を上手くイメージできない「仕事ができる人」を追い求めると、眼はどうしても、仕事の質、あるいは特別なやり方に向きがちになる。
それでは現実感が伴わないから、いっこうに打開策にならないのである。
それよりも、現実の像がいるのである。
この「仕事が集中する人」を観察、分析することこそが、「仕事ができる人」を知る入り口ではないかと私は考えている。

 

ここから先は、「仕事が集中する人」について、みなさんと一緒に考えていきたい。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です