「成果」を見つけ出すことも必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネスマンの生き抜く技術⑦」

 

今後、企業は、ますますビジネスマンに「自己評価」を問うていくだろう。
「自己評価」を問うことは、一刀両断に他者評価が下されるより、評価の公平性の点では好ましいことだが、注意すべきは、これからの時代は、「自己評価」を厳しく! 求められることを忘れてはならない。
自己評価を厳しく求めるということは、「あなたの『成果』は、本当にあなたの役割や報酬にあっているんですか?」と企業側が問うているのである。
古きよき時代は、ここが非常に曖昧だった。それは、日本経済が右肩上がりだったからである。
しかし、今やどの企業も、企業の存続をかけて、ビジネスマンに「自己評価」を厳しく求めているのである。

 

これが、今の時代、サラリーマンで居続けることは難しくなっていることの大元である。
そして、「ビジネスマンの生き抜く技術」は、この厳しい時代の対処法である。「成果」をなかなか生むことができないで悩み苦しむ人へのアドバイスでもある。

 

しかし、心配はいらない。
「仕事をこなす方式」は、そんな自己評価の場面でも、苦しむことはない。
それは、自分がこなした仕事を書けばいいからである。
そして、仕事をこなせばこなすほど、「成果」の方がすり寄ってくる。
そんな安心感を、読者の皆さんはぜひ、持っていただきたいと思っている。

 

私がそう言うのには訳がある。それは、「ああしなければだめだ、こうしなければだめだ」「成功者は、みんなこうしている!」という読者に危機感を煽ることは簡単なことだからだ。
考えてみれば、そんなことは、誰だって言えるのである。社会人経験がまったくない人でも、実務をまったく知らない人でも、中学生でも言えることだと私は考えている。
私は、厳しい時代だからこそ、安心感が必要だと思っている。そして、そんな物書きが一人くらいいてもいいのではと思っている。

 

さて、今回のテーマは、仕事の量をこなしていっても、数字で成果が出なかった場合の考え方である。
自己評価用紙に、自分のやったことを書いたが、成果が数字で現れなかった場合である。
営業の予算達成率や内勤部門の経費削減率がその数字の代表例である。
こうした場合、私は、「こなした仕事の量が足りなかった」と考えてもらいたいと前に説明した。
それは、そう考えることで、また、先に進めるからである。また、実際、「成果」が出なかった場合、仕事の量が足りていないことがほとんどだからである。

 

「成果」というものは不思議なもので、努力を重ねても、なかなか具体的な数字で現れないのである。
しかし、努力がある地点を通過すると、どっと数字で出るのある。
余談だが、私は『サラリーマンの本質』の中で、「二課の謎」を紹介している。
私は、ある支店の営業二課の責任者となった。私の在任4年間は、隣の課である精鋭軍団一課との戦いであった。
「なんとか一課に追いつきたい」という思いで、部下とやるべきことをなんでもやったのである。
しかし、何度挑戦しても、一課の実力の前に跳ね返された。
そして、「今回は、もしかしたら、一課に追いついたんじゃないか」と手ごたえを持ってキャンペーンを終了したことがあった。
キャンペーン結果を心待ちにしていたとき、上司から電話があった。
「おめでとう! 君の課は、全国1位だったよ」と言うではないか。私は、電話の意味がわからなかっのである。
ちょっと出来過ぎの話に聞こえるかもしれないが、私は、「成果」は、ある時点を通過すると、どっと現れることを体感したのである。

 

しかし! 今回、私がみなさんにお話ししたいのは、仕事を一生懸命こなしていっても、「成果」が数字で現れなかった場合、本当に「成果」が出てないのかということである。
私は、どこかに出ている! と思うのである。
もしかして、私たちは、それに気づいていないだけではないかということである。

 

私は、「成果」はある時点を通過すると、どっと現れると言ったが、冷静に考えると、どっと現れることの方が不自然なのである。
ちょこちょこ事態は進展していって、ある時点で、やっと「成果」が現れると考えた方が自然なのである。
そう考えると、仮に営業で予算達成率未達という場合でも、事態をよく見てもらいたいのである。
どこかに、こなした仕事の結果が現れているはずである。
営業成績全体でくくると、確かに予算達成はしていないが、たとえば、ある企業の売上は増えているとか、ある地域の売上は増えているとか、ある商品の売上は増えているとか、どこかにその痕跡が出ているのではないだろうか?
経費削減でいえば、確かに全体の経費は削減できていないが、削減できた項目はあるのではないだろうか?

 

しかし、私たちは、数字のマジックで、数字全体が悪いと、すべてが上手くいかなかったと思いがちになる。
そして、自己評価も妙なあきらめ感もあり、極めて淡白な答案用紙を作りあげてしまう。
ここで粘ってもらいたいのである! どこかにあなたの仕事の成果が出ているはずである。それを見つけ出してもらいたいのである。
そして、見つけ出したものを、堂々と自己評価として記入してもらいたいのである。

 

そう考えると、みなさんがこなした仕事は、今、地中でマグマとしてグツグツと煮えあがっていると言える。たまたま、今は地中にあるだけの話であり、やがては、地上に噴き出すのである。
「成果」は地上に噴き出した状態と言える。その兆候は十分にあるのである。
その兆候を、ぜひ、みなさん自身が見つけ出してもらいたいと思っている。

 

冒頭にも書いたが、これから、ますます厳しい自己評価が求められる。こんな時代は、「成果」を自分で見つけ出すことが絶対に必要である。
それが、厳しい時代の「ビジネスマンの生き抜く技術」である。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です