注目記事紹介 「雑すぎても丁寧すぎてもマナー違反」

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんが、ビジネスマナーについて不思議に思っていることに対して、答えのような記事がありましたので紹介します。
キーフレーズは、「雑すぎても丁寧過ぎてもマナー違反」です。

 

PRESIDENT 2015.05.04号『できる人の「マナー」大全』から

 

1.「部長300人、私なら取引停止!無礼者ランキング」
嶋 基裕 アイランド・ブレイン代表取締役社長の記事より

 

「マナーの真の難しさは、求められるレベルがケース・バイ・ケースで変化するということ。つまり、一口に『マナー』といっても、その意味するところは場面によってまったく違い、マナー本を読んで基本を徹底することが正解ではないということです。挨拶、名刺交換にはじまって、商談の進め方、話し方、会計の支払い方までも含めてマナーです。その振る舞いは、雑すぎても丁寧すぎてもマナー違反。
(略)私は営業のプロを企業に送り出す立場として、自社の社員には『その場のあるべき姿』を瞬時に読み取り実践できる、マナーの達人になってもらいたいと思っています」

 

2.「マナー講師匿名座談会」より
「CA(注 キャビンアテンダント)って……マナーと関係ないですよね。CAをことさらありがたがる日本人の「CA信仰」につけこんでいるだけのイメージ戦略というか。だって、本当にバリバリCAとして働いた人って、デスクワークをした経験なんかないですよ。だから、名刺交換をしたことないし、電話だってまともに取ったことがないはず。そんな人が「CAの経験を活かして……」とか言っているのを聞くと、違和感を覚えます」
「私の知る限り、マナー講師の教科書的なものって、20年以上ほとんど変わってないんですよ。パソコンが普及して、スマホになって、時代はこんなに変わっているのに、そういう実態に全然追いついてないってことですよね。『お辞儀は45度』なんて教えられても、自分だって普段はそんなに深く頭を下げてないし、企業によってはフランクな電話応対のほうがいいケースもあるし。ケースバイケースで『適切なマナー』なんて変わるのに、そういう現実は教えられないジレンマをずっと抱えています」

 

どうでしょうか? この2つの記事は、次のことを言っているように思います。
ビジネスマナーは、「いつも杓子定規のようなことを言っているが、ケースバイケースによって異なるんじゃないか」と言っているのだと思います。
そして、「それにしてもビジネスマナーは、長い間ずーっと変わらないでいる。それはやはり、おかしい」と言っているのだと思います。
また、その意見の奥には、「ビジネスマナーの研修を行っている人は、本当に一般のビジネスパーソンのようなビジネス経験があるの?」と言っているのだと思います。

 

CAの件は、「そんなこと言っちゃって、大丈夫なの?」と心配になりますが、この二つの記事が言っていることは、私も含めてみなさんが常々感じていることだと思います。
私は、この記事の中でも、嶋氏の「その振る舞いは、雑すぎても丁寧すぎてもマナー違反」と言っていることが、すごく核心を突いているように思います。

 

たとえば、ビジネスマナーの本では、記事にあるような上体を45度傾けるお辞儀の他に、感謝の気持ちを表すときは90度傾けろと書いてあります。
また、私はビジネスマナーのセミナーに参加したことはないですが、実施した研修内容の写真を見ると、講師が受講者の背中を、「もっと傾けろ」と押しているような写真をよく見かけます。(それが姿勢をよくさせるためのものならば、まだいいと思いますが……)

 

しかし、ビジネスマナーは、ビジネスマナーを受ける側の視点が重要に思えてならないのです。
確かに、深いお辞儀は礼を尽くしたということにはなるでしょう。しかし、違和感を持たれることも現実だと思います。
これが、新入社員だと、多分、受け手は、「あっ、ビジネスマナー研修を受けてきたばかりなんだ」と思いますが、私は、新入社員時代を卒業した人にはおすすめしません。
もし、得意先への訪問、お辞儀、辞去をビジネスマナー本通りに実施したならば、きっとその得意先では、「あっ、またあの人が来た!」と話題になると思います。
私は、ビジネスマナーというものは、一連の行動の中で、まさに「雑すぎず丁寧すぎず」、つまり、さりげなくやることが一番いいのではと思っています。

 

みなさんも、役職が付いた人に会う機会があると思います。
その人たちは、ビジネスマナーの本に書かれてあるような振舞いをしていますか? お辞儀をしていますか?
別に偉い人が正しいという意味ではありませんが、ここに解があるような気がしてなりません。
それにしても、なせ、ビジネスマナーは何十年もの間変わらないのか、不思議でたまりませんが、その理由がわかったら、ぜひ教えていただきたいと思っています。

 

IMG_0761

 

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

スマホで読む方法

 

 

綾小路亜也のその他のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です