「仕事ができる人」を自分の言葉で表現できるだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事のできる人」を自分の言葉で表現できるだろうか?
一度、眼を閉じてゆっくり考え、試してもらいたい。
(朝早く起きて、会社に早く着いて………、それに………)おそらくこの程度しか浮かばないのではないだろうか?
しかし、心配はいらない。私もビジネス書の類のような本を書いたり、毎日のようにビジネス書を読んではいるが、言えないのである。
そして、言えなくて、当然といえば当然なのである。
これが、ビジネス書を考えるときの根幹となる問題なのである。

 

なぜ言えないのか、考えてみると、
ビジネス書を読んでも、そのときは、「確かにそういうことあるな」と、「仕事ができる人」の特徴をつかんだ気になっても、心に残らないことが挙げられる。
また、ビジネス書を多く読む人は、読めば読むほどわからなくなるといった現象に陥るのではないだろうか。
それは、様々なビジネス書が著者独自の視点で、「仕事ができる人」の特徴を語っているからである。
わかりやすく言えば、「仕事ができる人」の特徴は、読む本によってまちまちなのである。
もっと言うと、様々な「仕事ができる人」が登場しているからである。

 

その結果、心に残らず、「そういえば、たいていこんなことを言っていたぞ」ということになり、その共通項である「朝早く起きて、会社に早く着いて……」のみが頭に残るのである。
それはそれで意味があることかもしれないが、それでは何のために高いお金を出してビジネス書を買っているかわからなくなってしまう。

 

私は、この「仕事ができる人」を自分の言葉で表現できない最大の理由は、読者が「仕事ができる人」の「実像」をイメージできないからだと考えている。
つまり、様々なビジネス書を読んで、「仕事ができる人」の特徴に触れても、それは、どこか遠いというか幻の人なのである。
実在人物に映らないである。
だから、イメージできないのである。
イメージできないから、真似ようと思っても真似することができなくなる。従って、高いお金を出してビジネス書を買っても、ごくごく限られたことしか具体的に実行に移せないのではないだろうか。その結果が、「朝早く起きて………」となってしまうのではないだろうか。

 

実は、私もこの問題を長い間考えていた。しかし、私には、どこか直観のようなものがあった。
そして、「仕事はできる人に集中する」というブログを書いた。
このブログはかなり前に書いたものだが、毎日アクセスが欠かさず続いている。
これは、どういうことだろうか?
つまり、私の直観と同じく、多くのブログの読者も、「仕事が集中する人」=「仕事ができる人」ではないかと考えているからだと思うのである。

 

実際、私の経験からしても、この「仕事が集中する人」は「仕事ができる人」だった。
おそらく、みなさんの直観もそうだろう。もっと言うと、みなさんは、「そんなの当たり前だろ。『仕事ができる』から、仕事が集中するんだろ」と考えていると思う。まさしく、そうなのである。
しかし、重要なことは、こんな「仕事が集中する人」は、みなさんの周りにきっといるということである。
ここで、初めて、具体的な登場人物が浮かぶということになる。
今までは、登場人物がイメージできなかったから、「仕事ができる人」がよくわからなかったとも言えるのである。
すなわち、ここで、初めて「実像」が浮かぶ! ということになる。

 

この「実像」が浮かんだならば、しめたものである。
すなわち、その人たちの行動、考え方を真似ることができるからである。
実は、その人たちの仕事ぶりに「仕事ができる人」の特徴がある。
私は、『サラリーマンの本質』の中で、ビジネス社会で、さまざまに苦戦をしている人たちと対処法を書いた。
逆に言うと、そんな苦戦をしていない人が「仕事ができる人」なのである。
苦戦をせずに、さっさと仕事をこなしてしまうから、また、新たな仕事が舞い込む人たちなのである。
だから、仕事が集中する人たちなのであると言える。

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です