ビジネス書を読むときは、どの世界の話なのかを見極める

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス書というものは不思議なものである。
読んでいるときは、「そうか」「そういうことか」とマーカーを引いたり、付箋を貼ったりしながら読んでいくが、肝心要の「アウトプット」の仕方がさっぱり浮かばないときがある。
また、「それは、そうだけど、現実の世界にあてはめるにはちょっと………」と躊躇するときがある。
そういうときは、「そもそもこの本はどの世界の話なのか」と原点に帰ることが必要だと思うのである。

 

実は、こうした現象が起きるのはビジネス書の宿命ではないかと考える。
なぜならば、ビジネス書というものは、外資系コンサルタントやスーパーセールスマンや起業家や大企業の社長などが、「自分の世界」で成功した体験や手法を、一般の人にも「当てはまる」と思い、書いているからである。
もちろん、それがスパッと当てはまる人もいる。たとえば外資系コンサルタントの本であったならば、企業で企画専門の業務を行っている人や、スーパーセールスマンの本であったならば、生命保険の営業職員やコミッションセールスを行っている人には「アウトプット」できる内容が多く含まれているかもしれない。

 

しかし、「ちょっと、違うな………」「自分にはとてもそんなことはできない………」と思う人は、慌てたり、焦る必要はまったくない。
それは、自分の世界と著者の世界がかけ離れていると割り切ればいいと思うのである。
ところが、往々にしてビジネス書を読んでいるうちは、読み込むのに夢中になっているので、そんなことは忘れがちになるのである。
自分にこの本が合っていないと感じたときは、「いったい、この本はどの世界の話なのか」という原点に帰ればいいと思うのである。

 

ここを、外資系コンサルタントは、よく「ベストプラクティス」に学べ、あるいは真実には「普遍性」があると言うが、それはその通りかもしれないが、やはり、自分に合わないものは合わないのである。
そうしてビジネス書の読者は、「自分に合った本」を探すという終わりなき旅に出ていくのである。
しかし、よくよく考えてみると、今の自分に完璧にあったビジネス書というものは、早々容易く見つかるものではない。
なぜならば、やはり、著者とは経歴が大きく異なるからである。

 

また、確かに、著者の世界で通用した論理なり、経験が、現実の世界に当てはまらないことも多いと思うのである。
外資系コンサルタントの本では、よく「外資系コンサルタントの世界では………」という表現が出てくるが、まさに自ら語る通りだと思う。
問題は、その世界の話が、一般に「当てはまるか」ということである。
なにか、ここら辺が焦点のような気がしてならないのである。
確かにこうした本の中には、「その世界の話」を「一般の世界」に落とし込んだときに、がクンと内容というか、現実性が落ちてしまうものもある。

 

さて、ビジネス書を読む目的は人それぞれだと思うが、大方の目的は、やはり自分の世界で「アウトプット」したいからだと思うのである。
この「アウトプット」を目的とするならば、どの世界の、どの技術を自分が探しているのかの目安をつけることが必要になってくる………。
そんなことを考えると、つくづく、ビジネス書の読者は大変だと思うが、みなさんは、どう思われますか?

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です