上司の話に割り込まない

このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問先で面談が始まる。
上司は、まず世間話から始める。
隣に座っているあなたは、上司の話に相槌を打ち、時々自分のエピソードも披露する。
相手が話すと、いち早く反応する。
上司の話が本題に近づくと、今度は、自分の意見も添えていく………。

 

このあなたの行動は、上司から見て、〇だろうか×だろうか?
実は×なのである。
こんなことを言うと、あなたは、「どうして×なんだ。おれは、担当者として上司の話をアシストしているのに。黙って座っていろとでも言うのか?」 と食ってかかるはずだ。
あなたの気持ちはわからなくはない。あなたは、よかれと思っていやっているからである。
しかし、上司から見れば、×なのである。
上司は、腹の中で、「まったく…なにもわかっていないな」と思っているのである。

 

これは、実際に現場でよくある話である。
どうして×なのだろうか? 一緒に考えてみよう。
結論から言うと、上司はやりにくいと思うからである。
上司は、相手と会うとき、様々なストーリーを頭に描き、それを反復させながら面談に臨んでいる。
さっきの世間話も、とっさの思いつきではない。
本題にいきなり入ることを避けるために、本日の相手に相応しい話題を選んでいるのである。
続いて、相手方の会社の話をすることも多い。
これも、相手の会社のことを事前に調べておいて、その中から、相応しい話題を選んでいる。
それは、自分の話をする前に、相手方の話をすることが、ビジネスの礼儀だと考えているからである。
そして、様子を見ながら、徐々に、本題に移ろうする。本題に移る機会を窺っているのである。

 

考えてもらいたい。
そんな思惑を持つ上司の話に、あなたがいちいち話に入り込んでは、上司はやりにくくて仕方がない。
そして、調子も狂う。
相手は、あなたの話にも反応したり相槌を打つから、本題へ向かうスピードも遅くなっていく。
また、話の焦点もぼけてくる。
そんなことから、上司は上手く話すことができなくなるのである。簡単に言うと、調子が狂うのである。

 

それでは、あなたはどうしたらよいのだろうか?
上司の隣で、上司の話を、軽くうなずきながら聞けばよいのである。
そして、上司から、「〇〇君、どう思う?」と聞かれたとき、答えればいいのである。
上司があなたにそう聞くときは、話をちょっと盛り上げたいとき、あまり相手が反応を示さないとき、もうちょっと場をリラックスさせたいと思うときである。
そう、そのときこそ、アシストが必要なのである。あなたが同席している意味があるのである。

 

私は、実は、あなたが、色々上司の話に割り込んだり、自分の話をしたりする気持ちは、わからなくはないのである。
私も、担当者の経験が長かったからである。
そんなときは、上司に、自分がいかに相手と親しいこと、あるいは、決して疎遠ではないこと、また、普段の自分の取り組みや自分のいいところを見てもらいたいという気持ちがどこかにあるものである。
その底流には、上司に自分を認めてもらいたいという目的がある。

 

そして、世の中には、もっとすごいケースもあるのである。
それは、冒頭の世間話から、自分でリードしてしまう社員もいるのだ。そして、終始話を自分でリードし、上司は仕方なくうなづくといったケースもあるのだ。
まさに主客が転倒している。 自己顕示欲が強い人によくあるケースである。

 

さて、あなたは、次のことを考えてもらいたい。
それは、訪問の目的は、なんだったかということである。
あることを決めたいから、上司と得意先を訪問したのではないだろうか?
それとも、あなたは上司に認めてもらいたいために、訪問したのだろうか?
サラリーマン社会では、後者の例もなくはない。実際、こういうことばかりをやっている社員もいる。その人は、極めて出世志向の強い社員である。
まあ、そんな例を除けば、ほとんど前者の場合ではないだろうか。
そうすると、あなたが話に割り込むという行為は、目的とは違うことになるのではないだろうか?
ここのところをよく考えてもらいたい。

 

そして、もし、あなたが、今の得意先に一生懸命頑張っているということならば、そんな売込みをしなくても心配はいらない。
上司は、相手と会った瞬間に、あなたと得意先の関係は、肌で感じるからである。
相手が言葉を発しなくても、雰囲気でわかるからである。
一方、得意先と関係を十分に構築していないにもかかわらず、親しい態度を取ったとしても、上司は、実際の関係をわかってしまうものである。
上司も、やはり担当者時代を経験しているから、そんなことはわかってしまうのである。また年の功、経験というものもバックにあるかもしれない。
そして、そんなことが瞬時にわかるから、まさに上司なのである。

 

わかっていただけだろうか?
この問題が、クローズアップされないのは、上司が、部下に、こうした行動を注意することが少ないからだ。
それは、多くの場合、上司は、部下がよかれと思ってやっていることを理解してくれているからだ。
その結果、このことがわからないまま、ずーっと、サラリーマン生活を送っている社員もいる。
この責任の一端は、部下にこのことをはっきり伝えない上司にもあるが、やはり、その人は、悲劇である。
その人の上司は代わっていくが、その人の上司は、ずーっと、そんなことを腹の中で思っているからである。
サラリーマン生活では、この言われないが、腹の中で思われ続けているというのが最悪なのだ。
このことをよく考えてもらいたい。

 

気づくのは、あなたでしかない。
そして、これからは、上司と同行したとき、面談が終わったあとの上司の顔にも注意を払ってもらいたい。
上司の顔に、あなたへの評価が、書いてあるのである。

 

 

ポイント
①上司は様々なストーリーを組み立てて面談に臨んでいる。
 そこに割り込むことは、ストーリー展開を阻害することになる。
②上司は、あなたがよかれと思ってやっていることを理解している。
 それだから、言わない。だから、あなたはその行為が正しいと思い込む。

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です