サラリーマン社会のいじめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大変嫌なことだが、サラリーマン社会にもいじめがあるように思われる。
それは、仕事ができる人からできない人へと向けられると、誰しもが思うが、実はそうではない場合が多い。
どういう場合に起きるのであろうか。
それは、自分のことを有能で、仕事ができると思い込んでいる人から、コツコツと業務をこなしている人に向けられることが多い。
この思い込んでいるというところに注意を払っていただきたい。

 

そして、どの企業でも、この自分のことをできると思い込んでいる人は、「課長、私やってられませんよ。Aさん全然進んでいませんよ。 課長から何とか言ってくださいよ」と言うのである。
しかし、冷静に状況を見渡せば、一番進んでいないのは、課長にチクる当の本人ということが多いのだが、なぜか、非難の矛先は、コツコツと業務をこなす実直型の人に向けられる。
多分、こうした実直型の人の多くは、あまりものを言わず、それこそ、コツコツと業務を進めるからターゲットになりやすいのかもしれない。
あるいは、こうした人の特徴として、自分をアピールしない控えめの人が多いからかもしれない。

 

しかし、人に矛先を向ける人は、決してその矛先をいわゆるエリートたちに向けない。
不思議なことである。ここら辺が日本のサラリーマン社会の複雑さというよりは、厳しいところである。

 

さて、もしみなさんや、みなさんの周りの人がこのようなコツコツ型で、職場で非難のターゲットにされているとしたならば、
結論から言うと、心配はいらない。
上の人はよく見ているからだ。
不思議なことに、サラリーマン生活が長くなれば長くなるほど、また、上に立てば立つほど、このようなコツコツ型の人は、ありがたいと思うようになる。会社の財産と思うようになる。
そして、実際に、この人たちが会社を支えていることは、間違いのないことなのである。
もし、こんなことで悩んでいる人がいたとしたならば、自信を持ってもらいたい。
そんな自分のことを有能と思い込んでいる人は無視してもらいたい。

 

しかし、これからは、少しは自分のやっていること、現状を語った方がいい。
語らないとせっかく頑張っているのに、周りの人に伝わらないこともあるからだ。
そして、気をつけなければならないことがある。
もしかして、みなさんの周りの人に、「黙して語らず」という言葉が好きな人がいないだろうか。
あなたは、そんな言葉の影響を受けていることはないだろうか。
こういう言葉を聞いたとき、注意した方がいい。
そんな言葉は、その人の価値観を示しているだけであって、あなたにとっていいか悪いか、あるいは、あなたの現状に合っているかどうかは、まったく関係がない。だから、注意をする必要があるのだ。
そして、こうした人に限って、自分のことは、ペラペラと話す人が多い。こうした人は、自分が人から、「多くを語られたくない」だけなのだ。
もちろん、こうした言葉を平気で話す人が一番悪いに決まっているが、こうした人が一定数存在するサラリーマン社会や組織の中で生きていくには、 ここら辺をよく見極めないといけない。
実は、この判別がサラリーマンの一番難しいところである。

 

あなたは、今まで、コツコツと会社や組織に貢献してきた。
これからも、そのスタンスで頑張ってもらいたい。
しかし、ときには、黙さず語ってもらいたい。
また、あなたの周りで、いろいろな価値観を吐く人がいたならば、それは、無視してもらいたい。
価値観は、人に惑わされず、自分自身で築きあげるものだからだ。
自信を持って頑張ってもらいたい。

 

 

 

(参考)自分のことを有能で、仕事ができると思い込んでいる人は、サラリーマン社会には多い。詳細は、『サラリーマンの本質 』第五議題「サラリーマンの悲劇」の中の1.「自己評価できない集団『Cグループ』を参照いただきたい。
また、このHPのブログ「黙さず語れ」を、ぜひ、参考にしていただきたい。

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です