記事紹介『浅草のおんな』

このエントリーをはてなブックマークに追加

草の小料理屋「志万田」の女将志万(しま)が、17のときに男を追って東京に来て、浅草の女になっていく姿を描いた小説。浅草の街の描写、浅草の人の心の描写も見事である。

 

記事
goo.gl/jX6Pxj

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください