記事紹介「超難解小説『浅草公園』にチャレンジ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

芥川龍之介が浅草を舞台にした小説を書いていることにもびっくりしたが、文庫版にしてたった21枚のこの小説は、何を言っているのか、さっぱりわからない。
さっぱりわからないところに、この小説の秘密がある。

 

記事
goo.gl/mSDFUe

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です