記事紹介「上司が部下と違うことをすると数字は伸びる!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーと部下が、目標に向けて一心同体の行動をとる。非常に望ましい姿に見えるが、営業では「手詰まり感」を起きる。リーダーが、部下とは違ったことを考え、違った行動をとれば、「あの手」「この手」が生まれ、「手詰まり感」がなくなる。これが数字が伸びるということだ。

 

記事
goo.gl/hwFya2

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です