記事紹介「『よしよし』と言って、前に進む!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ものごとは、かならず、どちらかに転ぶ。私たちは、その転び方を嘆く。ただ、天保年間に「よしよし」と言って炒り豆を売る商人がいた。客も「よしよし」と言って豆を買ったことから繁昌した。どちらに転んだ方がよかったかは、本当のところ、わからないのではないだろうか。

 

記事
goo.gl/aR7xrF

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です