記事「名刺に伝言を書くとき、万年筆を使うと気持ちが伝わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、得意先が不在のとき、名刺に「お世話になりました」「ありがとうございました」と伝言を書いていると思う。だが、ボールペンで書かれた文字を見ると、いかにも事務的というか、無味乾燥な文字になっていないだろうか。こんなとき、万年筆を使うと、違和感が出ない。

 

記事
goo.gl/FcmMpt

 

2018年5月14日