ブレイクタイム「上を見ていた時代に、夕日も見ていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「三丁目の夕日」の時代に、人々が生活のために、また社会全体も高度成長をめざして”上”を見ていた時代があった。しかし、人々は、一日を労うように、家の屋根も、商店の屋根も、工場の屋根も照らす夕日を見ていた。そして生活とは何か、幸せとは何かを感じた。

 

記事
goo.gl/RgEW0y

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です