『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは、「すぐやる人」が圧倒的に有利だということを知っている。しかし、問題は、「どうしたら、すぐやる人」になれるかである。本書は、それは「気分と視座の転換」だとしている。私は「すぐやれる人」と「すぐできない人」の違いは仕事の進め方の癖だと考えている。そして、私は「すぐやれる人」になるためには、まず簡単なものにすぐに手を付け「やってしまう」ことが大事だと考えている。

 

記事
goo.gl/K8WVgF

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です