「普通の人のための営業の本ができた!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

待望の普通の人向けの営業本が出た。普通の人は、質と量、即戦力と育成、新規と既存顧客、人間力と仕組み、お金かやりがい、自分のためかお客さまのためかで悩む。もちろん、この本の答えは「両方とも必要」ということだが、本当にそうだろうか?

 

記事
goo.gl/Cwn6oY

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です