「新任地でのスタートは職場への手土産から」

このエントリーをはてなブックマークに追加

栄転のときは、新しい職場や新任地で担当する得意先への手土産を一生懸命考えることができる。しかし、そうでないときは、そんな気も薄れはずだ。だが、気分を切り替えて、手土産を選んでもらいたい。そうすると「なにか上手くいく予感」といったものが生まれるかもしれない。

 

記事
goo.gl/zwqG7Y

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です