『なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、嫌われ者だけが出世するのか? なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?
齊藤 勇

プレジデント社 2015-04-10

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この本は出世本というより、実験社会心理学の本と考えてもらいたい。

 

本書の各内容は、すべて心理学実験に裏付けられている。
そして、この本に書かれている実験結果には、私たちが知りたかった真実が示されている。

 

対人関係に悩むみなさんには、ぜひ、おすすめしたい本である。

 

すばらしい内容の本だが、残念ながら、本のタイトルと内容が合っていない。
また、冒頭の特別対談も、意図不明である。
そして、読者の多くは、この特別対談に嫌気がさしてしまうと思うが、ここは辛抱して本章まで進んでもらいたい。

 

この本の構成は、
第一部 人間関係学 理論編

第二部 人間関係学 応用編

 

と二部制になっている。
みなさんには、この第二部 人間関係学 応用編が参考になると思う。
それは、ビジネスマンからの質問に著者が答える形をとっているからだ。

 

質問内容も、ビジネスマンがよく悩む事項であり、それに対して、著者は実験結果を基に説明している。
著者の答えに解を見つけるビジネスマンもきっと多いと思う。

 

参考となった箇所を掲示しておきたい。

・三人集まると二人とは異なった力が生まれる。(「みんな」って何人のこと?)
人はそこに暗黙の力を感じる。

 

・何が正しいかを判断するのに他の人の意見や主張を参考にする。-「判断基準」

 

・「意見」と「行動」は、人間にとって全く別のもの

 

・組織の中で人は自分の意思とは関係なく、指示された役割行動を遂行しようとする。-「成り切りの心理」

 

・いくら資質に優れた人でも、組織内の「位置」が悪いと出世できない。
コミュニケーション・ネットワークの「中心に位置する」ことが必要

 

・ライバルが「同じ権限」を持つとき、最悪の悲劇は起きる(項目タイトル)-<トラッキング・ゲーム>

 

・関係者が増えると、人はなぜ、火中の栗を拾わなくなるのか(項目タイトル)-「責任分散の心理」「責任回避の心理」

 

・人は、自分の自尊心を満足させてくれる人を好み、プライドを傷つける人を嫌うのが心理の法則。

 

・攻撃的道具があるということが、攻撃の要因になる。

 

・人間に対する「先入観」は変わりにくい-「印象形成における初頭効果」

 

・自分の目で見、直接話したことから受けた印象よりも、事前に聞いた他人からのひと言のほうが大きな影響を与え、その人の印象を決定づける。

 

・人間は自分の都合のいいように他人を解釈する(項目タイトル)

 

・強力な権限を持った管理職のほうが指示や命令を頻繁に出す。

 

・外見や経歴に関する固定観念が、人間の心を縛る。-「対人予測」

 

・ある固定観念を持つと、その考えを確かめたくなり、それを確認するような言動を探ろうとする。

 

・あなたをあなたほど評価してくれる人は、あなた以外にはいない。

 

・「日本型」業績給与社会は茶坊主を増やすだけである(項目タイトル)-「取り入る」「おもねる」

 

・人は性善的な行動もするが、性悪的な行動もする。

 

・逃げられないとき、戦う。

 

・人の対人感情は愛憎が基本。

 

 

2016年7月3日発売となりました!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※ビジネスマナーをとおして「できる人」の考え、行動を紹介
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

営業女子がポイントゲッターになる方法!
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です