『聞く力』 

このエントリーをはてなブックマークに追加
聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) 聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)
阿川 佐和子

文藝春秋 2012-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

書店に行くたびに、気になって気になって仕方がない本だった。
このHPの「リアル書店の課題」 で書いたが、私にとって、まさに「いつかは買わなければならないと思い込ませる本」 だった。
どこの書店に行っても、この本が積まれていた。
そして、この本をレジに持っていく途中、「遂に買ったぞ!」と叫ばせる本だった。
さて、本の中身だが、 一言で言えば、本全体が、著者の人柄に包まれている。
対談のインタビューをしている際の、著者の「裏の声」がとてもおもしろかった。
思わず、クスッと笑うこと数回。 また、阿川さんって、こんな表現をするんだと、これまた親しみが湧いた。
おそらく、日本国中の誰もが、無条件に受け容れ、そして無条件に 楽しめる本だと思う。
そんなことから、日本一売れたのではないだろうか。

 

余談だが、私は、文中に出てくる阿川さんの弟さんと、高校、大学と同学年だった。
そんなことから、なんとなく阿川家の雰囲気というものも理解できたような気がする。

 

本中で「なるほど」と思った箇所を紹介したい。

 

その一つが、「日本人は相づち好き」という項目だった。(P151~)

 

確かに英語は、This dish is not so good と、先にnotを持ってくることにより、 「否定」を早く意思表示する。
しかし、日本語は「おいしくないなあ」と思う時も、「おいし」まで 言って、相手や場の雰囲気を見る。
すなわち、あとで、「おいしい」とも言い換え られるし、「おいしくない」とも言うことができる。
「言葉」の特徴が、その国の人の行動、態度、表現というものを形成している ことを教わった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です