(参考)iPhoneでkindle本を読む方法

iPhonekindle本を読む方法

ご存知の方は飛ばしてください。

お問い合わせが多かったので、ご説明いたします。

ご参考にしていただければ幸いです。

 

■下準備

 

まず、iPhoneの画面から、「App Store」をタップし、ストアを表示させる。

1

 

ストアの「検索」画面で「kindle」と打ち込み、kindleアプリを表示させる。

2

 

 

3

「入手」を押してダウンロード、インストール(画面ではすでにインストール済みなので、「開く」と表示されている)。

 

iPhoneの画面上に「kindle」というアプリが表示されていることを確認。

4

 

■kindle本を読む方法

 

iPhone版のkindleアプリでは、アプリからkindle本を購入することが出来ず(android版は可能)、SafariからAmazonに行き、kindle本を購入することになる。

5

 

購入したい本を探しタップ。

「ワイヤレスでの配信先」を確認し、「1-Clickで今すぐ購入」をタップし本を購入。

6

 

kindleアプリをタップし、起動すると購入した本が読みこまれ、「新規」の文字が見える。

7

 

あとは、読みたい本をタップするだけで、読むことが出来る。

 

 

android版のkindleアプリの使い方を丁寧に解説しているサイ
トを見つけましたので、URLをはっておきます。

http://goo.gl/TuAEev

 

 

 

ビジネス書を電子書籍で読む

ビジネス書を電子書籍で読むと、どんな感覚になるのだろうか?
私は、いま売れに売れているLINE(株)前CEO森川氏の『シンプルに考える 』をkindle版で購入した。
私の関心事はもっぱら「紙の本のようにちゃんと頭に入るだろうか?」にあった。

 

それは、私は、多くのみなさんと同じように、ビジネス書を、マーカーを引いたり、付箋を貼ったり、ページを折ったりしながら読んでいたからだ。
そして、そうすることによって、私はビジネス書の中身を頭に入れていたからである。
そのことから、「ビジネス書を電子書籍で読むとどんな感覚になるか」知りたいと同時に不安になったのである。

 

そして、予期せぬ結果を知った。
それは、電子書籍の方が圧倒的に早く読み終えることができるのである。
一気に読み終えることができるのである。

 

私は、なにかキツネにつままれたような感覚になったが、理由を考えてみた。
それは、電子書籍はページをフリックしながら読み進めていくことと、きっと関係があると思う。

 

紙の本だと、今、読んでいる位置はもちろんページ番号でわかるし、感覚的には残りのページの厚さからも判断できる。
そして、その結果、残りのページの厚さなどから「まだだいぶあるな。今日はこの辺にしておこう」といったん読書を終了させることが多い。

 

ところが、電子書籍だと、とにかくフリックしながら先に先にと読んでいくから、紙の本のような感覚にならずに一気に読めてしまうのである。
そして、あっけないほど巻末に到達してしまうのである。

 

それでは、肝心要の「紙の本のように頭に残ったか?」というと、これも結論から言うとOKだった。
それは、多分、kindleの画面に集中していたこともある。
そして、ちょっと読み流してしまったと思う箇所はフリックで、前のページに戻れたからである。

 

次に、マーカーを引いたり、付箋を貼ったり、ページを折りながら読めなかったという感覚はどうかと聞かれると、
それは、正直ある。特に私の場合は、ビジネス書をそのようなスタイルで読んでいたため、物足りなさは残った。

 

しかし、実は、kindleでは、紙の本でいうマーカーを引く機能がある。それをハイライト表示と言うが、好みの色で塗りつぶすことができる。
また、ハイライトした文章をメモにすることもできる。
今まで、参考になった文章を、わざわざパソコンに入力したり、紙に書いていた人にとっては(私もそうであるが)、「今までしてきた努力はいったいなんだったんだ」と思わせるような便利な機能である。
また、紙の本でいう気になるページを折る方法ーブックマークする機能も当然ながらついている。

 

しかし、ハイライト表示機能があるからといっても、(もちろん私の習熟度が足りないせいもあるが)、よほど慣れていない人でないと、そのスピードはやはり紙の本にサッと線を引くというわけにはいかないと思う。それには十分に慣れる必要があると思うのである。

 

以上が私の「ビジネス書を電子書籍で読む」の体験談だったが、
率直な感想として、これだけ電子書籍、電子書籍と言われているにもかかわらず、電子書籍リーダーの操作方法などを、もっともっと情宣した方がいいと思っている。

 

実は、これからの電子書籍時代の本格到来を考えて、私が所属する新百合ヶ丘総合研究所では、電子書籍を実際に作ってみた。
それが、この7月19日に発売したばかりの『北欧ナイフ入門 ~モーラナイフからストローメングナイフまで~』
である。

 

実際に作成してみてわかったことは、電子書籍は作成側にとって、大変メリットがあるということである。
それは、私の『サラリーマンの本質 』を例にとると、この本は出版社に企画を出してから出版されるまで丸々1年かかったが、それが電子書籍だと大幅に出版までの期間を圧縮することができるということがわかった。
つまり、電子書籍だとタイムリーな題材をタイムリーに出せるという計り知れないメリットがある。

 

しかし、私は、もっともっと読者側のメリットも追求しなければならないと考えている。
それには、もっともっと読者側の利便性を情宣する必要があると思うのである。
操作方法なども情宣する必要があると考えている。
そして、上記電子書籍の課題を研究するために、新百合ヶ丘総合研究所では実際にビジネス書を電子書籍で発行しようと計画している。ぜひ期待してお待ち願いたいと考えている。

 

kindleではハイライト表示が可能である。   ハイライトした文章とブックマークはメモに保存される
右上のリボンのようなマークはブックマーク

Screenshot_2015-08-02-21-11-08homepage      Screenshot_2015-08-02-21-12-59homepage

 

 

私が使用しているモデル(kindle Fireシリーズはカラー表示が特徴)

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット
Amazon (2013-11-28)
売り上げランキング: 475