出世している人のシャープペンシルに注目!

出世している人のシャープペンシルに注目!

 

私は、『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』の中で、「少しだけお金を使わなければならない持ち物はなにか?」という記事を書いたことがある。

 

私の質問に対して、きっと、名刺入れ、手帳、財布、筆記用具、バッグあるいは腕時計と答える人は多いと思う。

 

これらの持ち物は、機能がしっかりと備わっていれば、高い値段を出すことはけっしてないと思うが、これらは、ともに人に見られているという共通項がある。
つまり、印象の問題もあるから、ちょっと取り上げたのである。

 

実は、私の答えは、いま述べたものは大事としながらも、ハンコ(認印)だった。
それは、みんな、印象は大事と言いつつも、こと認印に関しては100円ショップで買ったり、文房具店のショーケースから三文判を選んでいるからである。
2000円も出せば、適当な大きさで、字体もしっかりした認印を買えることから、費用対効果の問題で私なりの答えを示した。

 

 

認印の問題は横に置いて、いま、述べた持ち物の中で、一番穴になっているのは何だろう?
私は、ボールペン、シャープペンシルだと思っている。

 

得意先との打ち合わせの最後に、取り決められたことや次回の日程などを手帳に記入する場面はかならずある。
そんなとき、スーツの裏から会社の備品にあるようなボールペンやシャープペンシルが出てくると、「あれ?」と思う人はかならずいる。
そして、そんな場面ほど、人はよく見ている。

 

だが、ボールペンに関しては、ビジネスパーソンはけっこうしっかりしたものを持っている。
また、いまの時代は、手帳にメモ書きといった場合は、ボールペンよりシャープペンシルを使うことが圧倒的に多いはずである。
それゆえ、シャープペンシルには、ちょっと注意を払わなければならないことになる。

 

もちろん、こんな場面でも、どんなシャープペンシルを使おうといっこうにかまわない人もいる。
一方、そんなシャープペンシルで重要な取り決め事項を書かれることに不快感を持つ人もいる。
つまり、この点に関していえば、しっかりしたシャープペンシルを持っていれば、不快に思う人はいないということになる。

 

そして、もう一つ、シャープペンシルに少しだけお金をかける理由に生産性の問題がある。
それは、会社の備品にあるようなシャープペンシルはよく芯が折れる。また芯の部分が飛び出しているような感じがし、書きにくい。
ところが、ちょっとお金をかけたシャープペンシルだと、芯の部分はガードされているので、折れにくいし、書きやすい。
毎日使用するものだから、生産性と使用感も重要な要素である。

 

さて、ここで、みなさんが、できると思っている人のボールペンやシャープペンシルに着目してもらいたい。
できる人は、ポイントを押さえた人であり、隙のない人でもある。
また、費用対効果や生産性を重んじる人である。
きっと、「なるほど」と思うものを持っているはずである。

 

 

出世や昇進を目指している人へ

出世には雰囲気といったものも必要である。
だが、この雰囲気は会社によって違うことは、拙著『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』で述べたとおりである。

 

どのようなタイプの人が好まれるのか、どのような雰囲気を持っている人が好まれるのかを知ることは、出世への早道となる。
会社の中枢にいる人の話し言葉、物腰、服装などをよく観察すると同時に、その人たちの持ち物にも注目してもらいたい。
きっと、同じような趣味のものを持っているはずである。

 

ボールペン、シャープペンシルは会議や打ち合わせの場でけっこう見られることが多いから、派手さは必要ないが、いいものを持っておいた方がいいと思う。

綾小路亜也

 

 

 

(参考)費用対効果の面でクロスのシャープペンシルがおすすめ
同じメーカーの同じ型式のボールペンとシャープペンシルを持つと効果的。

クロス シャープペンシル クラシック センチュリー 330305 メダリスト 0.7mm 正規輸入品

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

◆仕事・営業・印象アップのコツ

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
http://shinyuri-souken.com/?page_id=33866(「おすすめの本」)

 

 

 

ビジネスパーソンの書類整理の決め手

ビジネスパーソンの書類整理の決め手

 

ビジネスパーソンの業務は書類整理の上手さ、下手さによって大きく差がつく。
また、書類管理が上手くできていないと、毎日残業を繰り返す要因となる。
そんなこともあり、私は、「サラリーマンの書類整理術 『入れたら捨てる』」(http://shinyuri-souken.com/?p=11028)を書いた。

 

そこで紹介したのが「フラットファイル」だが、そうした名前が付いていることを知らない人は多い。
私もそうだった。デパートの文房具売り場に行き、身振り手振りの説明をした。

 

そして、意外にもデパートの文房具売り場や文房具店ではその種類が少ないのに驚く。下手をすると一種類だけ置いてあるということがある。
しかも、予想していたより、値段が高いことが多い。
もちろん、文房具売り場や文房具店で希望のものが入手できれば、それに越したことはない。

 

そこで、購入にあたって、注意しなければならないことをちょっとお話ししておく。
すべて私の経験からの注意点である。

 

①値段が高いものとそうでないものとがある。

商品案内にPPとついているものは高い。
このPPは、発泡PPシートの略である。 私は、このPPのものと、そうでない普通のものと2種類持っているが、どこが違うのかを簡単に言うと、PPと書かれているものは、紙がコーティングされており丈夫である。表面がツルツルしているから、水濡れや汚れを防ぐこともできる。
コーヒーやお茶をこぼしたりしたときに威力を発揮すると思う。

 

どちらを選ぶかは、みなさんで決めてもらいたいが、フラットファイルには書類を入れたり、出したりすることがあるので、できれば丈夫なPPがおすすめである。

 

②整理をしていくと、ファイル数が多くなるということを考えておく必要がある。

私は、「フラットファイル」を会社で使用しているが、家でも使っている。
家でも、けっこうとじ込む書類がある。
家でどんなファイルを作ったかというと、「保険」関係の案内や書類、「確定申告」の控え、「年金」関係のおしらせ、「給与明細」の控え、「会員」になっているものの控え、現在、「勉強」していることの参考資料、「HP」を見て「いいな」と思ったものの参考資料、家の「工事関係」の控えなどである。

 

③最初から、ジャンル別にファイルの色を決めておくと便利である。

整理しやすくなるし、整理する楽しみも湧く。

 

④よくネットページも見ておく

私が整理しなければならないものに原稿用紙があった。
原稿用紙には、A4横閉じのものが必要だった。 「A4横」で検索してみると、該当のファイルがすぐに出てきた。

 

(Amazonの検索例:検索窓に「フラットファイル」と入力すると、たくさんの商品が出てくる)

コクヨS&T フラットファイルV樹脂とじ具 A4縦 5色×20冊 コクヨS&T フラットファイルV樹脂とじ具 A4縦 5色×20冊コクヨS&T

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

◆仕事・営業・印象アップのコツ

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
http://shinyuri-souken.com/?page_id=33866(「おすすめの本」)