パンのペリカンの本を見つけた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
パンのペリカンの本を見つけた!

 

商品は、食パンとロールパンだけ。それでも行列ができ、昼には売り切れる店。
それが、浅草は寿町にあるパンのペリカンだ。

 

ペリカンのパンについては、いろいろな人がいろいろな表現をしているが、まずは食べてみることだ。
口に入った瞬間、「いつも食べているパンとは違う!」と思うはずである。―そんな感覚を持つのがペリカンのパンなのである!

 

なぜ食パンとロールパンだけの店となったかは、二代目店主である渡辺多夫(かずお)氏のポリシー、ペリカンが業務用パンだったことと深く関わっている。
それについては、私が前に書いた記事「パンのペリカン」 http://shinyuri-souken.com/?p=24046 を参考にしてもらいたい。

 

ところが、である。
最近、パンのペリカン4代目店主である渡辺陸氏が書いた本を見つけた。

 

この本の構成は下記のようになっている。

第1章 不思議なパン屋

第2章 ペリカンの歴史

第3章 おいしさのひみつ

第4章 浅草とパン

第5章 100歳のペリカン

第6章 ペリカンとわたし

第7章 ペリカンを食べる

 

 

この本には、浅草ファンにはたまらない発見がある。

ペリカンのケーキ店が千葉の松戸に3店舗あったこと
浅草のオレンジ通りと雷門仲通りにあったケーキ店「ミカワヤ」とペリカンは、なんと親戚同士だったこと
ペリカンのパン粉は、とんかつで有名な「すぎ田」で使われていること
昔、赤坂にあったレストランシアター「ミカド」で使われていたこと……を知る。

 

著者は、「器用さと丁寧さ」の中で、
「効率と丁寧さだと、丁寧さのほうが大切だと思っています。
効率のよさは指摘すればどうにかなります。効率のよさを教えるのは簡単です。
でも丁寧さというのはなかなか説明しづらい」と述べている。

 

いま、世の中は、効率を追い求めていることに終始している、その中にあって、丁寧さを追求していることが、ペリカンのパンの秘密かもしれない。

綾小路亜也

 

 

パンのペリカンのはなし

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です